テクニクスのSL-G700は、CDとSACDの再生が可能で、しかもネットワーク機能も備えたモデル。ハイレゾ音源の再生、MQA音源をCDに記録したMQA-CDの再生も可能。CDのほかにもマルチに活躍できるプレーヤーとして注目だ。

SACDMQAストリーミングなど、プレーヤーもメディア対応力が重要!

Wi-Fiやブルートゥースも装備

プレーヤーと一言でいっても、今の音楽メディアはディスク再生やネットワーク再生、ストリーミングサービスなど多岐にわたる。それらに幅広く対応するプレーヤーがおすすめだ。

テクニクスSL-G700は、CDとSACDの再生が可能で、しかもネットワーク機能も備えたモデル。ハイレゾ音源の再生、MQA音源をCDに記録したMQA-CDの再生も可能だ。

さまざまなメディアを再生できるテクニクスのプレーヤー

テクニクス
SL-G700
実売価格例:28万円

画像1: 【テクニクスSL-G700】SACD、MQA、ストリーミングなどプレーヤーはメディア対応力が重要

そして、多彩な音楽配信サービスに対応するほか、Wi-Fi、ブルートゥースに対応し、クロームキャストやGoogleアシスタントとの連係機能も持つ。従来のディスク再生からインターネットを使った最新の音楽サービスまで、幅広く楽しめるのだ。

画像: CD、SACD、MQA-CDに対応し、充実したネットワーク機能も備える。独自のデジタル技術や徹底したノイズ対策を行い、高音質を実現している点も注目。

CD、SACD、MQA-CDに対応し、充実したネットワーク機能も備える。独自のデジタル技術や徹底したノイズ対策を行い、高音質を実現している点も注目。

画像2: 【テクニクスSL-G700】SACD、MQA、ストリーミングなどプレーヤーはメディア対応力が重要

CDのほかにもマルチに活躍できるプレーヤーが出ているんだね。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.