ヘッドホン難聴の原因は、耳の中で音を感知する器官にある有毛細胞が大音量で傷つき壊れること。大音量の影響を低減させるための耳栓、クレッセンド「Music」の遮音効果はマイナス19デシベル。WHO(世界保健機関)は、80デシベルで1週間当たり40時間以上、98デシベルで1週間当たり75分以上聴くのは危険だと報告している。

耳栓を上手に活用して「リスニング疲れ」を防ごう!

耳をいたわるのも大事

ヘッドホン難聴とは、耳の中で音を感知する器官にある有毛細胞が大音量で傷つき、壊れてしまうことが原因。WHOは、80デシベルで1週間当たり40時間以上、98デシベルで1週間当たり75分以上聴くのは危険だと報告している。

毎日、音楽を長時間聴きつつも、難聴になるのを防ぐには、耳のケアが肝心。日ごろから、音楽を聴いたあとは、耳栓をして、静かな環境で耳を休ませる習慣をつけるのもおすすめ。騒がしい環境にいることが多い人も活用してほしい。

音質を損なわずに、音量を19デシベル低減できる

クレッセンド
Music
実売価格例:1980円

画像: こちらは、耳を休ませるのではなく、大音量の影響を低減させるための耳栓。遮音効果はマイナス19デシベルで、大音量のライブハウスなどでも、音質を維持しつつ、適切な音量でライブを楽しむことができる。

こちらは、耳を休ませるのではなく、大音量の影響を低減させるための耳栓。遮音効果はマイナス19デシベルで、大音量のライブハウスなどでも、音質を維持しつつ、適切な音量でライブを楽しむことができる。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.