現行の4Kテレビは、ほぼ全機種がUSB端子を搭載しており、USBメモリーに入った4K動画の再生が可能だ。自宅のパソコンで4K動画をダビングし、USBメモリーにコピーするだけなので簡単だ。持ち運びにも便利で、友人や親類に配るのも容易。

あなたの疑問にズバリお答え!
撮影した4K動画は何に保存すればいい?

読者から質問

ビデオカメラの4K映像は、何に保存するのがベストですか? 4Kテレビで見る(他の人に見てもらう)ために最適なメディアは? (S.Oさん 大阪府 72歳)

専門家の回答

編集部:
この質問は、AVライターの鳥居一豊さんに聞きます。

専門家:
「ビデオカメラで撮った4K映像は、カメラ本体にも保存しておけますが、やはり、何かのメディアに移しておくのがいいでしょう。
まず、保存のためには大容量の外付けHDDが最も便利です。一方、4K動画を誰かに見てもらう場合、おすすめはUSBメモリーにコピーすること。
現行の4Kテレビは、ほぼ全機種がUSB端子を搭載しており、USBメモリーに入った4K動画の再生が可能です。
パソコンなどを使って4K動画をダビングし、USBメモリーにコピーするだけなので、簡単ですし、持ち運びにも便利で、友人や親類に配るのも容易です。

画像: あなたの疑問にズバリお答え! 撮影した4K動画は何に保存すればいい?

また、ネット接続環境があれば、『Youtube』などの動画共有サイトへ投稿するのも一つの方法です。
知人や家族だけで共有する設定を使えば、プライバシー保護もできます。データを持ち運ぶ必要もなく、多くの4Kテレビで再生が可能です」

編集部:
USBメモリーなら汎用性が高いし、簡単そうですね。了解しました!

This article is a sponsored article by
''.