ここではiPhoneやビデオカメラなど、撮影機材は多岐にわたる思い出の動画をまとめる方法について解説する。クラウドストレージ(インターネット上の記録装置)に保存するなら、さまざまな形式の動画を保存することができる。MP4もAVCもパソコン経由でアップロード可能。また、『YouTube』に保存するならテレビ再生も簡単だ。

あなたの疑問にズバリお答え!
多彩な規格の動画をBDに記録できる?

読者から質問

家族の思い出の動画を、1枚のブルーレイ(BD)ディスクに収録したいと思いますが、iPhoneやビデオカメラなど、撮影機材は多岐にわたります。簡単に1枚にまとめる方法はないでしょうか?(K.Eさん 山口県 62歳)

専門家の回答

編集部:
この質問は、AVライターの鳥居一豊さんに聞きます。

専門家:
「スマホやデジカメ、デジタルビデオカメラなどで撮った動画をBDにまとめるということですね。

まず、気をつけたいのは、スマホやデジカメの動画は主にMP4形式のものが多いことです。

ビデオカメラは、ハイビジョン画質なら多くがMPEG-4 AVC(以下、「AVC」)となります。

このAVCはBDレコーダーで扱える形式ですが、MP4は、そのままでは扱えません。

なので、スマホやデジカメで撮ったMP4動画をBDレコーダーやBDプレーヤーで再生したいならば、すべてAVCに変換する必要があります。

変換は、パソコンの動画編集ソフト「**Power Director*:」などを使えば、実行できます。
変換後、BDプレーヤー/レコーダーで再生が可能なBDMV形式でオーサリング(パッケージ収録のためのデータ編集)を行い、BDに保存します。

ただしこれは、それほど難しいわけではないのですが、かなり手間のかかる作業となります。そこで、ほかの方法も紹介しましょう。

まず、MP4動画とAVC動画を別々のBDに記録して残す方法です。
MP4形式の動画は、パソコンを使ってデータとしてBDに保存し、パソコンでの再生用にします。

一方、AVC動画はBDレコーダーで扱えるので、テレビでの鑑賞用にします。
先の方法の手間を考えれば、こういった割り切りも、一つの選択でしょう」

編集部:
1枚のBDではなく、別々のBDにそれぞれを記録しておくということですね。

専門家:
「そうです。そして、さらに簡単なのは、クラウドストレージ(インターネット上の記録装置)に保存することです。

クラウド上ならば、さまざまな形式の動画を保存可能で、MP4もAVCもパソコン経由でアップロードできます。

例えば、『YouTube』をクラウドとして利用し、ここにアップロードすれば、テレビで再生することも簡単にできます。

その場合、登録したメンバーだけが視聴できるようにパスワードを設定しておけば、他人に見られる心配もありません。

念のため、バックアップ用としてBDにも保存しておけば、万全です。

画像: あなたの疑問にズバリお答え! 多彩な規格の動画をBDに記録できる?

BDなどのメディアは長期保存という点では安心ですが、気軽に再生できるかどうかという点では、十分ではありません。

そこで、クラウドなどを併用すれば、テレビはもちろん、スマホやパソコンで動画を手軽に楽しめます。ぜひ、クラウド活用も検討しましょう」

編集部:
もろもろ了解しました。ありがとうございました!

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.