この記事では、無印良品の人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、靴下と同じく筒状に編みこまれた「防水シート使いかかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー」をレビュー。スニーカーの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むライターママ。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

スニーカーの選び方

男女共に人気を集めるスニーカー!

「CONVERSE」や「NIKE」を始めとした多くのメーカーから発売されている“スニーカー”。様々なコーディネートに合わせられるので、女性の間からも人気を集めていますよね。しかしスニーカーには“機能性”を重視したスポーツ向けの商品や、“デザイン”に力を入れたファッション用のアイテムなど種類がたくさん。そこで今回は、“ローカットスニーカー”と“ハイカットスニーカー”の2タイプに絞って選び方のコツをまとめてみました。お気に入りの洋服にはどんなスニーカーがマッチするのか、コーディネートを組む時の参考にしてみてください。

“ローカット”と“ハイカット”の特徴!

リラックスしたファッションスタイルが好みの人には、“ローカットスニーカー”がおすすめです。通気性の高いアイテムが多く、履き心地がとても開放的。シンプルなデザインのアイテムが多いので、流行に流されずに使い続けられます。スカートとパンツの両方に合わせやすく、コーディネートが苦手な人でも失敗しにくいのがポイント。スニーカーがくるぶしよりも下でカットされているおかげで、脱ぎ履きも簡単ですよ。

もう一方のハイカットスニーカーとは、“くるぶしの上まで覆うスニーカー”のこと。スポーツ用シューズとして販売されただけあって、足とスニーカーが一体化したようなフィット感が特徴です。ローカットの靴と比べて足元にボリュームが出るので、コーディネートのバランスを安定させたい時に便利。ハーフや7分丈といった裾の長さが短いパンツと相性がよく、これからの季節には重宝するかもしれませんね。ただし足全体を覆うため、脱ぎ履きが面倒というデメリットもあります。履きやすさを重視したい場合は、スニーカーのサイドにファスナーがついたものをチョイスするのがベター。

ハイカットスニーカーにはゴツいデザインのアイテムも多く、コーディネートの統一感を崩さないように注意するのも大切です。無印良品の「防水シート使いかかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー」は、ニット素材で編みこまれたカジュアルなルックスのスニーカー。キャンバス生地には出せない独特なデザインで、コーディネートの幅を広げられるはず。

画像: “ローカット”と“ハイカット”の特徴!

「防水シート使いかかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー」を買ってみた

価格は?

カラーバリエーションは“黒”と“グレー”の2パターン。お値段は4990円(税込)でした。靴下のような見た目からして普通のスニーカーではないようですが、この金額で購入するのは少し勇気がいるかも。

画像: www.muji.com
www.muji.com

特徴は?

まず目を引くのが一般的なシューズではあまり見かけないニット素材でできた“アッパー”。靴下に靴のソールを合わせたようなデザインが斬新ですね。ニット素材の中には、雨で水が浸入しないように“防水シート”を搭載。透湿性にも優れているため、蒸れを気にせず履けるのもポイントです。カジュアルなデザインのスニーカーなので、シチュエーションを選ばず気軽に使えそう。

画像1: 特徴は?

踵への負担が抑えられているのも大きな特徴です。地面と接触する“アウトソール”に使用されているのは、クッション性の高いEVA素材。歩いた時の踵への衝撃を抑えてくれますよ。低密度発泡ラバーが使われたインソールも踵へのダメージを軽減。インソールの形が土踏まずに沿うように設計されているので、しっかりと足裏にフィットするようです。

画像2: 特徴は?

25.0cmを履いてみた

24.5cmの私には25.0cmがピッタリ

実際に履いてみたところ、柔らかく包み込まれるようなフィット感に驚き。ニット素材ならではの感触はとても気持ち良く感じました。靴というよりも“靴下”に近い履き心地です。

画像: 足のサイズ24.5cmの女性が着用

足のサイズ24.5cmの女性が着用

履きにくいというハイカットスニーカーの欠点が克服されているのもGOOD。ニット生地が伸縮するおかげで本当に靴下のような感覚で履くことができますよ。“靴紐”がないので「サイズ調整が不便かも?」と思ったのですが、ニット素材のアッパーがしっかりとフィットするおかげでサイズに違和感は感じませんでした。

画像1: 24.5cmの私には25.0cmがピッタリ

踵への負担を抑えるソールの性能も忘れてはいけません。ソールに厚みがあるので、地面に接触した時の衝撃はほとんどナシ。インソールに使われている“低密度発泡ラバー”がソフトな質感のため、まるでカーペットの上を歩いているような感覚です。

画像2: 24.5cmの私には25.0cmがピッタリ
画像3: 24.5cmの私には25.0cmがピッタリ

続いて防水シートが使われたアッパーの“防水性”をチェックしてみましょう。試しに水滴を少量たらしてみると、生地の上で玉状になって弾いていました。靴の中に水が浸入することもなく、快適に歩くことができそうです。しかし量が増えるとじわじわと水が染み込んでいくため、大雨の日は使用を控えた方がいいかも。

画像4: 24.5cmの私には25.0cmがピッタリ

個人的に最も気に入ったのはスニーカーの“透湿性”の高さです。ハイカットスニーカーは“蒸れやすい”という印象をもっていた私。くるぶしまで覆われた足の熱が靴の中に留まってしまうと、履き心地も悪くなるんですよね。同商品のニット生地は熱を外へ逃がしてくれるため、長時間でも快適な履き心地をキープしてくれました。これなら気温が上がってくるこれからの季節でも気軽に使用できると思います。

画像5: 24.5cmの私には25.0cmがピッタリ

【無印良品調査隊②】
購入レビューまとめ

靴下のような履き心地がいい感じ!

画像: 靴下のような履き心地の「防水シート使いかかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー」

靴下のような履き心地の「防水シート使いかかとの衝撃を吸収するハイカットスニーカー」

最初は“ちょっと高いかな…”と思っていたのですが、今まで感じたことのない履き心地の良さに大満足。これほど「買ってよかった!」と思うハイカットスニーカーは久しぶりかもしれません。ラフなデザインのスニーカーなので幅広いコーディネートに対応できるのも高評価。圧倒的な履きやすさを誇るハイカットスニーカーを試してみてください!

画像: 【無印良品調査隊②】防水ハイカットスニーカーが超使える!オシャレで歩きやすいと人気急上昇中
防水シート使い
かかとの衝撃を吸収する
ハイカットスニーカー
▼衝撃を吸収する、踵にやさしいスニーカーです▼足にしっかりフィットする、やわらかな履き心地▼天気を気にせずに着用できます

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.