エクセルでデータを入力中にショートカットキーを使えば、マウスに触れないで処理できる時短ワザがある。[Alt]→[I]→[C]の順で押すと自動的に新たな「列が挿入」できる。「列を削除」したいときは、その列を選択して[Ctrl]と[-]を押せば消える。簡単だから覚えておくといい。

時短ワザ
列や行をあっという間に挿入、削除するスゴ技

入力項目を増やしたり、減らしたりするときに役立つ

作業の途中で入力項目を増やしたい、あるいは不要な項目を削除したいといったケースがよくある。過去のファイルを修正して新しい資料を作る際も、項目の追加や削除が必要になることが多い。

具体的には、項目を入力するための列や行を挿入したり、不要な項目の列や行を削除したりということになる。

これを行うには、列や行の英数字をクリックで選択し、「ホーム」画面の「セル」で「挿入」や「削除」を選ぶというのが基本。

しかし、マウスに触れることなくキーボードで操作することも可能だ。列の挿入は次のとおり。

C列とD列の間に列を挿入したいときは、右側の列(この場合はD列)を選択する。

画像: ❶ C列とD列の間に列を挿入したいときは、右側の列(この場合はD列)を選択する。

Alt+I+C
キーボードを[Alt]→[I]→[C]の順で押すと自動的に新たな列が挿入される。

画像: 「 Alt + I + C 」 ❷ キーボードを[Alt]→[I]→[C]の順で押すと自動的に新たな列が挿入される。

Ctrl+-
列を削除したいときは、その列を選択して[Ctrl]と[-]を押せば消える。

画像: 「 Ctrl + - 」 ❸ 列を削除したいときは、その列を選択して[Ctrl]と[-]を押せば消える。

ちなみに、行の挿入は[Alt]→[I]→[R]の順で押していけばいい。

■解説/下島 朗 [エントラータ]

This article is a sponsored article by
''.