個人向けのテンプレートには、カレンダー、資産管理、ローン計算、買い物リストなどがある。もちろんビジネス向けも豊富なひな形がある。請求書や見積書、タスク管理など膨大な種類がうれしい。主要なものは、複数のデザインから選べる。自分の好みのものを探して使ってみよう。

王道ワザ
エクセルの多様さがわかるバラエティ豊かな世界

家計簿やカレンダーなど、豊富なひな形を活用しよう

よくエクセルは万能アプリといわれるが、なかなかそれを実感できない。もちろん、人それぞれ必要な機能を使えばいいのだが、本当の多様さや幅広い用途を知らずに使わないのはもったいない。

そこで、ふだんの使用方法のほかにどんな使い方があるのか、オンラインで入手可能なひな形(テンプレート)を見てみよう。

ここではわかりやすく「カレンダー」を選んだが、請求書見積書タスク管理といったビジネス向けから、資産管理ローン計算買い物リストといった個人向けまで、膨大な種類が用意されている。主要なものは複数のデザインから選べるので、好みのものを探してみよう。

「ファイル」→「新規」と進み、検索欄にジャンルを入れる。この例では「カレンダー」とした。

画像: ❶ 「ファイル」→「新規」と進み、 検索欄にジャンル を入れる。この例では「カレンダー」とした。

カレンダーのテンプレートの一覧が出たら、好みのものを選び、次の画面で「作成」を押す。

画像: ❷ カレンダーのテンプレートの一覧が出たら、好みのものを選び、次の画面で「作成」を押す。

カレンダーが開いた。下のタブで月を切り替えて、予定を入力して保存しよう。

画像: ❸ カレンダーが開いた。下のタブで 月を切り替えて 、予定を入力して保存しよう。

■解説/下島 朗 [エントラータ]

This article is a sponsored article by
''.