長引く外出自粛期間。「巣ごもり消費」で人気なのは、フォトブック作り。そのなかでも、赤ちゃん向けフォトブック作成アプリ「BABY365」が、昨年同時期と比べ売り上げが倍増。人気の秘訣は、ずばり「自宅で過ごしながら、家族の成長や毎日の大切さを実感」できるところなんだとか。

コロナ巣ごもりは「思い出整理」にうってつけ

赤ちゃんフォトブックが大人気

長引く外出自粛期間。「おうち時間」の過ごし方として、今までの写真を整理する「フォトブック作り」が人気。そのなかでも、刻一刻と成長する我が子の、「赤ちゃん期」のかわいい毎日の成長記録は特に形にして残しておきたいという人が多いようです。

こうした「巣ごもり需要」を受け、赤ちゃん向けフォトブック作成アプリ「BABY365」が、昨年同時期と比べ売り上げが倍増。人気の秘訣は、ずばり「自宅で過ごしながら、家族の成長や毎日の大切さを実感」できるところなんだとか。

赤ちゃんフォトブック「BABY365」とは

楽々操作でアルバムに

「BABY365」は赤ちゃんが生まれたその日から、毎日の成長を写真とコメントで簡単に残せるフォトブックアプリ。通常、フォトブックを作成するシーンは「七五三」「お宮参り」「旅行」など、特別な写真を撮った日がどうしても多くなりがちですが、ごくありふれた育児のひとこまを記録し、印刷できるサービスになっています。

画像: 記録はアプリで簡単 baby365.jp

記録はアプリで簡単

baby365.jp

人に見せるためではなく、思い出を残すフォトブックを

コンセプトとして「人に見せるためのフォトブック」というよりも、「家族の思い出として残したくなるフォトブック」を目指しているため、よそ行きのきれいな写真ばかりではなく、ママパパのスマホにある子育てのちょっとした写真や、その時に感じたことを残すことができる操作性が魅力です。

画像: ごくありふれた毎日の場面を、一冊の物語に。 baby365.jp

ごくありふれた毎日の場面を、一冊の物語に。

baby365.jp

人気の秘密はDNPの印刷クオリティ!

記録した赤ちゃんの成長記録は、育児日記のようにハードブックの立派な本にすることができる。DNPの印刷技術を用い、1冊ごとに手作業で印刷・製本された本のクオリティの高さも人気の秘密だ。1冊2万円程度と、少々お値段は張りますが、子供が成長し大人になった時に渡すサプライズプレゼントとして、”世界に1つしかない本”を用意しておくというのも素敵ですね。

画像: 製本のクオリティの高さにも注目 baby365.jp

製本のクオリティの高さにも注目

baby365.jp

「BABY365」公式サイトはこちら

気になる方は、公式サイトでアプリの使い方や、素敵なフォトブック例などをチェック!公式サイトからアプリのダウンロードページに行くこともできます。

まとめ

しっかり「おうち時間」を確保できる今、家族で一緒にいる時間も今までより長く取れるこのタイミングで、みんなでワイワイ話しながら、思い出を振り返る機会を設けてみるのはいかがでしょうか?スマホの中に溜まった思い出の写真も、フォトブックという形にしてみると、またひとつ我が家に宝物が増えるようで、楽しいと思いますよ。

◆佐々木由美
フリーのwebデザイナー、時々ライター。猫好きの30代。目標はペット可ドラム可の物件に引っ越すこと。

This article is a sponsored article by
''.