ここでは、リコー「WG-70」を実証診断! 本機は、水中をはじめ、タフなシーンでの撮影に対応している。また、リーズナブルな価格も魅力でありながら、1200万画素で花に肉薄できる顕微鏡モードもすごい。海水浴や登山などのアウトドアスポーツで気軽に携行したい人にもおすすめだ。

高さを抑えた、スリムでシャープなデザインも魅力

コンパクトデジカメ
防水・防塵タイプ

リコー
WG-70
●実売価格例:3万4720円
●サイズ・重量/幅122.5㎜×高さ61.5㎜×奥行き29.5㎜・193g

画像: 高さを抑えた、スリムでシャープなデザインも魅力
画像: 本格的なタフネス仕様の割には、スリムなボディ。200グラム以下の軽いカメラだが、素材や構造にはタフネスさを感じる。

本格的なタフネス仕様の割には、スリムなボディ。200グラム以下の軽いカメラだが、素材や構造にはタフネスさを感じる。

画像: 16対9比率の液晶モニターを搭載。ちなみに、顕微鏡モードでは16対9の記録設定しか選択できない。右手側の各操作ボタンの配置は少々窮屈さを感じる。

16対9比率の液晶モニターを搭載。ちなみに、顕微鏡モードでは16対9の記録設定しか選択できない。右手側の各操作ボタンの配置は少々窮屈さを感じる。

レンズ有効画素数
28〜140mm*
F3.5(W)〜F5.5(T)
1600万
センサーサイズ最高感度
1/2.3型ISO 6400
防水・防塵撮影可能枚数
8級/6級300枚
*焦点距離は、35ミリ判換算値

水中をはじめ、タフなシーンでの撮影に対応。リーズナブルな価格も魅力

過酷な環境でも使用できる、全天候タイプのコンパクトカメラ。水深14メートルで連続2時間の水中撮影が可能なほか、氷点下10℃の耐寒性能、1.6メートルの耐衝撃性能、100キロまでの耐荷重構造というタフネス性を誇る。

高さを抑えたスリムな設計も特徴。ただ、液晶モニターは2.7型の16対9ワイドタイプなので、最高画素1600万画素で撮れる4対3設定だと、表示画面が小さく感じられる。また、モニター解像度が約23万ドットなので、精細感や階調再現にやや不満が残る。

目を引くのが、レンズ周囲の6灯のLED照明。デジタル顕微鏡モードで高倍率撮影ができる。このモードは前モデル(WG-60)にも搭載されていたが、記録画素数は200万画素までだった。しかし、本機では、1200万画素までの記録が可能になっている。

リコーには、よりタフネス性能が高い上位モデル(水深20メートル、耐衝撃2.1メートル)のWG-6もラインアップされている。

だが、小型・軽量でシャープなデザインの本機には、タフネス系モデルにありがちなゴツさを感じにくい。だから、日常的に使うガジェットとしてもおすすめできる。価格も、WG-6よりもリーズナブルに感じられる

■1200万画素で花に肉薄できる顕微鏡モードがすごい

画像: デジタル顕微鏡モードで、花のシベに肉薄。倍率は200万画素設定時よりも下がるが、1200万画素で高精細に撮れるのは魅力だ。

デジタル顕微鏡モードで、花のシベに肉薄。倍率は200万画素設定時よりも下がるが、1200万画素で高精細に撮れるのは魅力だ。

■採点表

基本画質レンズ描写
★★★  ★★★  
AF・連写ボディの作り
★★   ★★★★ 
機能操作性
★★★★ ★★★  
※満点は5個

■こんな人におすすめ!
本格的なタフネス性能のカメラが欲しいが、あまり高価な製品は抵抗がある人。海水浴や登山などのアウトドアスポーツで、気軽に携行して活用したい人に向く。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/吉森信哉(フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.