新型コロナウイルスの影響により低迷した国内需要を喚起するために、政府主導の「Go to キャンペーン事業」の開催予定が発表されました。旅行代金が実質半額なったり、イベントチケットがお得に購入できたり、さまざまな内容が計画されています。しかし、「Go to キャンペーン事業」が何なのか、いまいちわからない方も多いはずです。そこで本記事では、「Go to キャンペーン事業」の全体像をQ&Aを交えながら解説していきます。なお、記載されている情報は現時点(2020年6月4日)のものです。

「Go To キャンペーン事業」Q&A

ここでは、「Go To キャンペーン事業」を手軽に理解するために、Q&A方式で情報をまとめています。

Q1:「Go Toキャンペーン事業」とは

「Go Toキャンペーン事業」とは、旅行や飲食、イベントや商店街を対象としたキャンペーン事業です。1兆6,794億円もの補正予算案が組まれており、新型コロナウイルスの影響により低迷した国内需要を喚起させる目的があります。

Q2:「Go To キャンペーン事業」はいつからスタート?

「Go To キャンペーン事業」について、スタート時期の詳細は発表されていません。しかし、「Go to Travel (トラベル) キャンペーン」に関しては、2020年7月下旬開始という情報が確認できています。

Q3:「Go To キャンペーン事業」はどれくらいお得?

「Go To キャンペーン事業」で各種割引などが発表されているのは、「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」「Go To Eat キャンペーン」「Go To Event キャンペーン」です。つまり、旅行、飲食、イベントがお得になります。

具体的なお得度については、「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」が頭一つ抜けており、旅行代金が実質半額になるケースも。他のキャンペーンも非常にお得な内容なので、詳細は本記事の後半を参考にしてください。

Q4:「Go to キャンペーン事業」は何か条件がある?

「Go to キャンペーン事業」を活用するにあたって、特別な条件は必要ありません。すべての消費者が対象になっています。しかし、開催期間に関しては注意が必要です。現時点(2020年6月4日)の情報によると、2021年3月中旬までを目途にしているようです。

Q5:訪日外国人向けの事業って聞いたけど本当?

「Go To キャンペーン事業」は国内の需要喚起を目的とした事業になります。特に「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」に関しては誤解されている方も多いようですが、日本国内居住者の国内旅行を想定しています

「Go To キャンペーン事業」は全部で4種類

「Go To キャンペーン事業」は全部で4種類あります。観光・グルメ・イベント・商店街とそれぞれ内容が異なるので注意が必要です。ここでは、現時点(2020年6月4日)で発表されている情報をもとに、簡単な概要やイメージモデルを解説するので参考にしてください。

①Go To Travel (トラベル) キャンペーン

画像: ①Go To Travel (トラベル) キャンペーン

「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」とは、観光・旅行関連の「Go To キャンペーン事業」のことです。おそらく気になっている方が最も多いのも、このキャンペーンだと思います。具体的な内容は下記の通りです。

【キャンペーン内容】

  • 特典:代金の1/2相当のクーポンなどを還元する
  • 対象:旅行業者等を経由して、期間中に旅行商品を購入した人
  • 補足:1人あたり最大2万円/1泊まで還元し、内訳は旅行代金の割引やクーポンに分散される

例えば、下記のイメージモデルを参考にすると、旅行代金3万円(1泊2日)の方は1万5,000円分、旅行代金20万円(5泊6日)の方は10万円分が還元されます。

【旅行代金3万円(1泊2日)】の場合

旅行代金3万円
キャンペーン1万500円(旅行代金割引)4,500円(クーポン)
キャンペーン適用後旅行代金が実質1万5,000円

【旅行代金20万円(5泊6日)】の場合

旅行代金20万円
キャンペーン7万円(旅行代金割引)3万円(クーポン)
キャンペーン適用後旅行代金が実質10万円

つまり、「Go To Travel キャンペーン」では宿泊数が非常に重要となります。1人あたり1泊2万円まで還元されるので、余裕のある方は長期の旅行計画を立てた方がお得です。

②Go To Eat キャンペーン

画像: ②Go To Eat キャンペーン

「Go To Eat キャンペーン」は、グルメ・飲食関連の「Go To キャンペーン事業」です。

【キャンペーン内容】

  • 特典①:期間中にオンライン飲食予約サイトを利用し、実店舗を訪れた人に最大1,000ポイントが付与される
  • 特典②:対象店舗で利用できるプレミアム付食事券を発行する(2割相当分の割引など)

「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」と違い、「Go To Eat キャンペーン」は大まかな情報しか発表されていません。しかし、還元率を考慮すると、非常にお得なキャンペーンになる可能性は高いです。

③Go To Event キャンペーン

画像: ③Go To Event キャンペーン

「Go To Event キャンペーン」は、イベント・エンタメ関連の「Go To キャンペーン事業」です。発表されている情報が少ないですが、チケット会社を経由することで、2割相当分の割引やクーポン等が期待できるようになっています。

④Go To 商店街 キャンペーン

画像: ④Go To 商店街 キャンペーン

「Go To 商店街 キャンペーン」に関しては、商店街のイベント開催やプロモーション、観光商品の開発などが予定されています。おそらく、商店街ごとにキャンペーン内容が異なる可能性が高いです。

まとめ

注目はやはり「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」!

今回は、「Go To キャンペーン事業」の全体像について解説しました。個人的な意見ですが、本事業のポイントは「Go To Travel (トラベル) キャンペーン」を活用できるかにかかっていると思います。旅行代金が実質半額になるキャンペーンは、誰が見ても破格の内容です。

しかし、「Go To Eat キャンペーン」や「Go To Event キャンペーン」も、特典自体は魅力的になっています。「Go To 商店街 キャンペーン」のみ、今後に発表される情報次第というのが、素直な感想です。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.