「SUZURI(スズリ)」は、オリジナルデザインのグッズを作れる、売れる、買えるアプリ。さらに「note(ノート)」なら、小説やイラスト、写真、音楽などをスマホで投稿・公開し、販売が可能。公式サイトやアプリ上で文章を作成したり、音声も録音できる。

自作アイテムで小遣い稼ぎも!

オリジナルデザインのグッズを作れる、売れる、買えるサービス

お気に入りの写真や自作のイラストなどでオリジナルグッズを作りたい人におすすめしたいのが、「SUZURI(スズリ)」。初期費用なしでTシャツやスマホケースなどを作成できるうえ、そのまま販売することも可能だ。販売価格も自由に設定可能で、グッズの原価に利益分の「トリブン」を最大5000円まで設定できる。

商品の制作や発送などはすべて運営会社で行ってくれるので、ユーザーがすることは、グッズの種類とデザインを決めるだけと手間なし。デザインといっても、グッズで使用する写真やイラストをアプリからアップするだけなので、特に戸惑うこともないはずだ。

さらに注目したいのが、商品を販売する際に在庫を用意する必要がないという点。受注生産方式を採っているため、余計な在庫を抱え込む必要がなく、赤字の心配をせずに、安心してグッズを作ることができる。

在庫不要で始められるお手軽なグッズ販売!

SUZURI
提供元:GMO Pepabo, Inc.
iPhone Android

画像1: 【自分の作品を販売】グッズ販売アプリ「SUZURI」や「note」を活用しよう!

グッズを政策したら価格を設定し、そのまま販売できる。

画像2: 【自分の作品を販売】グッズ販売アプリ「SUZURI」や「note」を活用しよう!

ほかのユーザーが作ったグッズも購入可能だ。

クリエイターとして、読者として参加!

小説やイラスト、写真、音楽などをスマホで公開し、販売もできる

SNSは写真や音楽など、作品発表の場に適してはいるが、どうせなら創作活動に興味がある人に絞ってアピールできれば、反響もより大きくなるはず。そんなニーズにこたえてくれるのが、クリエイターと読者をつなぐサービス「note(ノート)」だ。

投稿できるジャンルは、文章や写真、イラスト、音楽、映像など。公式サイトやアプリ上で文章を作成したり、音声を録音したりできるので、思い立ったらすぐに創作活動を開始できる。

さらに、自分の作品を販売できる点も大きなポイント。有料作品はアプリからは登録できず、サイトから手続きする必要があるが、作品の対価を得られる手段があるのは、大きな魅力だ。

もちろん、創作するだけでなく、一読者として参加するのもおすすめ。創作意欲の高いユーザーが集っているので、きっと好みの作品が見つかるだろう。

SNSで創作の第一歩を踏み出そう!

note
提供元:Piece of Cake, Inc.
iPhone Android

画像3: 【自分の作品を販売】グッズ販売アプリ「SUZURI」や「note」を活用しよう!

作品投稿は、画面下部の「つくる」ボタンから。

画像4: 【自分の作品を販売】グッズ販売アプリ「SUZURI」や「note」を活用しよう!

文章なら見出しや本文のほか、リンクなども設定できる。

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.