歯周病の原因菌は〝口からオナラに近いニオイ〟を発してしまう。歯周病は全身の病気とも関連することも判明していて、成人のうち3人に2人がかかっているともいわれている。今回は、電動歯ブラシ「ドルツ EW-DT51」を解説。これを機械に効果的な歯磨き生活を送ってほしい。

「しまった!」金田一耕助のように思わず駆け出し、そのまま飲み屋に駆け込み、勢いよく話したくなる!そんな事件な製品を毎月ファイリング。その事件性を“スゴ腕”家電探偵こと滝田勝紀が丹念に捜査して暴く!

IoT機能で、より効果的な歯磨き生活が送れる新型ドルツ

硫化水素より強力な成分を含むことから、〝口からオナラに近いニオイ〟を発してしまう歯周病の原因菌。これは、まさに事件である。健康にかかわるだけでなく、周囲の人たちへも影響を与え、周りは気を遣うので伝えにくい。しかも、歯周病は全身の病気とも関連することも判明し、成人のうち3人に2人がかかっているともいわれている。

だからこそ、より性能が高まったパナソニックの電動歯ブラシ、「ドルツ EW-DT51」を使うべきである。そのいちばんの理由として挙げられるのは、「ヨコ磨き」と「タタキ磨き」の「W音波振動」により、歯科医師推奨の磨き方を再現できるところだ。しかも、これまでは、付属歯ブラシの本数が7本と多すぎて、その使い分けに苦慮した人も多かったと思うが、今回はブラシの性能を見直すことで4本に削減。より気軽に使えるようにした。

今回の事件家電ファイル
パナソニック
ドルツ「EW-DT51」

実売価格例:4万480円

画像: ヨコ磨きとタタキ磨きのW音波振動により歯科医師推奨の磨き方を再現できる電動歯ブラシ。薄型のブラシを採用したことで、奥歯も磨きやすい。ブルートゥースも搭載し、専用のアプリと連係可能。正しい磨き方ができるコンテンツも用意されている。

ヨコ磨きとタタキ磨きのW音波振動により歯科医師推奨の磨き方を再現できる電動歯ブラシ。薄型のブラシを採用したことで、奥歯も磨きやすい。ブルートゥースも搭載し、専用のアプリと連係可能。正しい磨き方ができるコンテンツも用意されている。

注目すべきはブルートゥースを搭載し、専用のスマホアプリと連係できるところ。アプリでは、専門家監修の磨き方指導動画を見ながら磨くことができ、誰もが正しい磨き方を身につけられるのだ。さらに、磨く部位に合わせてモードを変えるカスタマイズコースも作成でき、歯並びの悪い人なども、独自のコースを作成し、しっかり磨くことができる。

ココが事件だ!
奥歯の奥まで磨ける薄型ブラシ

約3.2ミリの薄型ヘッドを新採用し、奥歯の奥まで磨きやすくなった。極細毛(コンパクト)、極細毛(ラージ)、クリーン&ホワイト、ポイント磨きの4種類を付属。

画像1: 今回の事件家電ファイル パナソニック ドルツ「EW-DT51」

ココが事件だ!
無接点充電式の充電スタンドで清潔

汚れを拭き取りやすい無接点充電式の充電スタンドを採用。約1時間の充電でWクリーン/Wガムケアモード時は約11日間(約45分)使える。クイックチャージ機能も便利。

画像2: 今回の事件家電ファイル パナソニック ドルツ「EW-DT51」

ココが事件だ!
専用アプリとコンテンツ連動

アプリでは、専門家監修の磨き方指導動画を見ながら磨くことができる。同時にスマホのインカメラを利用して、自分の磨いている姿と見比べることが可能だ。

画像3: 今回の事件家電ファイル パナソニック ドルツ「EW-DT51」

歯磨きの結果やブラシの交換時期を表示するカレンダーも備えるなど機能も充実したドルツで、効果的な歯磨き生活を送ってほしい。

解説者のプロフィール
滝田勝紀(たきた・まさき)
クリエイティブ・エディター&プロデューサーで、家電スペシャリストとして「All About」の家電ガイドを務める。30代男性向けのオフを充実させる電子雑誌『ds』編集長に就任。ドイツで開催される「IFA」ほか、海外展示会取材経験も豊富。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/滝田勝紀

This article is a sponsored article by
''.