新型コロナウイルスの影響により、多くの企業でテレワークが普及しました。自宅での作業時間が増える中、「光回線の通信速度が遅い」「ポケットWi-Fiだと通信制限に引っかかる」とお悩みの方は多いはずです。そこで本記事では、テレワーク歴2年の私がおすすめする光回線をご紹介します。通信速度はもちろん、月額料金も満足できるサービス内容なので、ぜひ参考にしてください。

ソネット光プラスとは

画像: ソネット光プラスとは

ソネット光プラスとは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する光回線です。「フレッツ 光ネクスト」の回線を利用しており、最大通信速度1Gbps(※)を誇ります。またフレッツ光と同じ提供エリアなので、幅広い地域に対応。都心はもちろん、日本全国をカバーしています。

※最大通信速度はあくまでも理論値です。

ソネット光プラスのメリット

ここでは、ソネット光プラスのメリットをユーザー目線で解説します。

月額料金が安い

ソネット光プラスの月額料金は低価格に設定されています。

戸建タイプマンションタイプ
ソネット光プラス3,480円2,480円
ソフトバンク光3,900円~5,600円3,800円
NURO光(G2 V)4,743円

上記のように他社サービスと比較しても非常にリーズナブルです。マンションタイプにいたっては、月額1,000円以上もお得になる可能性があります。また工事費に関しても、ソネット光プラスは実質無料。料金を抑えながら光回線を導入可能です。

通信速度が速い

通信速度が高速なのもソネット光プラスの魅力です。下記の画僧は、私が実際にスピードを計測した際のデータです。

画像: 金曜日の22:10頃に計測

金曜日の22:10頃に計測

関東圏・アパートの場合、下り(ダウンロード)が226Mbps(※)、上り(アップロード)が301MBpsという結果になりました。参考までに、一般的な光回線の平均速度は約100Mbpsとされています。ポケットWi-Fiの場合は約20Mbpsです。

実際に利用してみて、動画の視聴やネットサーフィンで困ったことがないですし、ビデオ通話に関しても全くストレスを感じません。

ただ上記の数値は、v6プラスを利用した場合の数字です。ソネット光プラスはv6プラスを無料で利用できるので、絶対に申し込んでおきましょう。

※Mbps:ビット毎秒のこと。シンプルに通信速度の基準という認識で大丈夫です。

auスマートバリューが適用される

auユーザーがソネット光プラスに申し込んだ場合、auスマートバリューが適用されます。契約中の料金プランごとに異なりますが、月額500円または1,000円割引される仕組みです。

画像: www.so-net.ne.jp
www.so-net.ne.jp

ソネット光プラスに申し込む方法

ソネット光プラスに申し込む方法には、公式サイト経由とネット代理店経由の2種類が存在します。「どちらを選べばいいかわからない」という方は、とりあえず公式サイト経由がおすすめです。

公式サイト経由

ソネット光プラスの公式サイトから直接申し込む方法です。電話またはWEBから申し込めるので、お好きな方を選択しましょう。ちなみに私は電話で申し込みました。WEB申し込みの場合、住居情報などの入力が必要になります。

また、実際に対面での案内を希望する方は、訪問相談がおすすめです。工事日の調整等もその場で行えます。

ネット代理店

ネット代理店を利用してもソネット光プラスに申し込めます。しかし、各企業ごとに割引サービスが異なるので事前確認が必要です。

またキャッシュバック金額などを見てみると、一見ネット代理店経由の方が公式サイト経由よりもお得に映ります。しかし、キャッシュバック時期が遅かったり、月額料金の割引がなかったりするので注意が必要です。「あまり難しいことは考えたくない」という方は、公式サイト経由でソネット光プラスに申し込むのがいいでしょう。

ソネット光プラスのQ&A(ユーザーが回答)

画像: ソネット光プラスのQ&A(ユーザーが回答)

ソネット光プラスのQ&Aについて、ユーザーの私が回答します。

通信速度が落ちるときはない?

基本的には通信速度が遅くなることはありません。しかし、Wi-Fiルーターの設置場所によっては少し遅くなることも。例えばルーターがリビングに設置されている場合、お風呂場などでは通信速度が落ちます。これはソネット光プラスに限った話ではなく、光回線全般に言える話です。

申込から開通までの期間は?どれくらいかかった?

私の場合、電話申し込みから開通・利用まで約1か月程度でした。ポケットWi-Fiと比較すると遅いですが、光回線の中では平均的な速度かと思います。工事日に関しては、オペレーターに目安を確認するか、Twitterなどネットの情報をチェックしておきましょう。

3年目以降の料金について

記事内で解説した月額料金は、契約してから2年間の価格設定です。3年目以降は、マンションタイプで月額4,480円、戸建タイプなら月額5,580円となっています。

まとめ

今回は、おすすめの光回線「ソネット光プラス」についてご紹介しました。月額3,000円以下というリーズナブルな価格設定で、200Mbpsを超える通信速度を誇ります。プライベートはもちろん、テレワークなど仕事用にも十分すぎるクオリティだと思います。

またauスマートバリューが適用される点もポイント。auユーザーなら、月額料金がさらに安くなります。他社サービスと比較しても、トップクラスのコストパフォーマンスを期待できます。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.