みなさんは、ドイツ産ノンアルコールビールを飲んだことはありますか?まさにビールの味そのもので、2本、3本と飲みたくなる旨さなのです!今回は、その理由とおすすめの商品について紹介。年末年始の飲み過ぎ・食べ過ぎを予防して、すっきりと新年を迎えませんか。

さすがドイツ産!これはまさにビールの味

筆者は、健康を意識して「平日はノンアルコール、週末はビール」の生活を基本としています。これまで国産のノンアルコールを愛飲していましたが、輸入食品専門店「カルディ」で買い物をしていたとき、家のストックが切れてることを思い出し、ドイツ産ノンアルコールビール『ヴェリタスブロイ』を初めて購入しました。夜に飲んでみると「これはまさにビール!」と思うくらい、衝撃的なおいしさだったのです。

国産と海外産のノンアルコールは、製法が違う!

「今まで飲んでいた国産ノンアルコールビールは何だったの?」と思うほど、その味の差は歴然。しかし、日本メーカーが努力を怠っているわけではありません。調べてみると日本と海外では、原料や製法がまったく違うことがわかりました。ドイツをはじめとする海外産は、本物のビールをつくり、アルコールを取り除いた「脱アルコールビール」。一方、国産はビールとは異なる材料と製法でつくる「ビールテイスト飲料」なのです。原材料を比較するとよくわかります。

【原材料を比較してみると…】
■ドイツ産『ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー』
モルト、ビール酵母、ホップ、天然水 
■国産某社
食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤

これは日本の酒税法が大きく影響しています。アルコール1%未満の場合、酒税法は適用されないのでノンアルコールビールは関係ないと思ってしまいがちですが、海外のようにアルコールを取り除く製法の場合、実際のビールをつくることから酒税法が適用されるのです。日本では、つくりたくてもコストなどの面からつくれない…というのが現状なのです。

お店で購入しやすい商品は?

今回は、全国各地で比較的購入しやすく、レビュー評価が高いドイツ産ノンアルコールビール2種を紹介します。ちなみに筆者は、お酒の全国チェーン店「リカーマウンテン」「やまや」、輸入食品専門店「カルディ」で手に入れました。※店舗によって品揃えは異なるので、事前にご確認ください。

リカーマウンテン 
やまや
カルディ

おすすめ①ドイツ産『ヴェリタスブロイ』

画像: ドイツ産ノンアルコールビール『ヴェリタスブロイ』 item.rakuten.co.jp

ドイツ産ノンアルコールビール『ヴェリタスブロイ』

item.rakuten.co.jp

特徴①完全無添加

本場ドイツで「ビール純粋令」を厳格に守り、創業約400年の老舗ブルワリーと共同開発。原料はプレミアモルト、ファインホップ、ビール酵母と天然水のみで、添加物は一切使用していません。

※ビール純粋令とは…1516年4月23日、粗悪なビールを見かねたバイエルン候ヴイルヘルム4世より公布された法。「ドイツビールの原料は麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」と公布され、それは現在でも順守されています。

特徴②本場ドイツの伝統製法

ドイツの伝統製法でプレニアム・ピルスナービールをつくり、最先端の脱アルコール技術により、ビール本来のコクと風味・シャープなキレを実現。麦芽とホップ、水にこだわり抜くことで、ノンアルコールでも本場ドイツの味わいを楽しめます。

特徴③低カロリーでコレステロール・脂肪分ゼロ

アルコール分は0%で100ml当たりのカロリーは12kcal。1缶飲んでもミカン1個分(約45kcal)以下というから驚きです。さらにコレステロール、脂肪分、添加物はすべてゼロ!ダイエット中の方や健康志向の方でも安心して飲むことができます。

■栄養成分(100mi当たり) 熱量:12kcal たんぱく質:0.4g 脂質:0g コレステロール:0mg 炭水化物:2.5g 食塩相当量:0.008g アルコール分0% ※添加物不使用

価格・購入方法

楽天、Yahoo!、アマゾンなどのネットショッピングでも購入可能。
楽天では1ケース(330ml×24本)で価格2,480円 (税込) 

※2020年12月1日現在 

おすすめ②ドイツ産『クラウスターラー』

画像: ドイツ産ノンアルコールビール『クラウスターラー』 item.rakuten.co.jp

ドイツ産ノンアルコールビール『クラウスターラー』

item.rakuten.co.jp

特徴①帝国認定150年の歴史を誇る醸造所

1872年にドイツ初のピルスナーを誕生させたラーデルベルガー社。初代首相ビスマルクより帝国公式の醸造所に認められ、1905年には当時のザクセン王が、ラーデルベガーを「王の飲み物」として認定しました。150年の歴史を誇るドイツトップクラスの醸造所がつくるノンアルコールビールです。

特徴②50カ国以上で愛飲。受賞歴も豊富に

1979年、ドイツで最初に商品化されたノンアルコールビール『クラウスターラー』は、またたく間に大ヒットとなり、今や『クラウスターラー』は50カ国以上で愛飲されています。また、ワールド・ビア・アワード金賞受賞5回、ワールド・ビア・カップ2000金賞受賞をはじめ、数々の受賞歴を誇ります。

特徴③低カロリー・脂質ゼロで、飲みごたえあり

大麦麦芽を使い、独自製法により開発された豊かなホップの風味とコクは、ノンアルコールとは思えないおいしさ。ソーセージや肉料理などの食事と相性がいいことも特徴です。それでいて100ml当たり26kcalでアルコール0%、脂質0%を実現しているのです。

■栄養成分(100mi当たり) 熱量:26kcal たんぱく質:0.2g 脂質:0g 炭水化物:5.8g 食塩相当量:0.01g アルコール分0%

価格・購入方法

楽天、Yahoo!、アマゾンなどのネットショッピングでも購入可能。
楽天では1ケース(330ml×24本)で価格2,480円 (税込) 

※2020年12月1日現在

『ヴェリタスブロイ』と『クラウスターラー』を飲み比べ!

画像: 右は『ヴェリタスブロイ』、左が『クラウスターラー』。ともに泡がキレイで泡持ちもいいです

右は『ヴェリタスブロイ』、左が『クラウスターラー』。ともに泡がキレイで泡持ちもいいです

見た目は『ヴェリタスブロイ』が淡い黄金色で、『クラウスターラー』の方が濃い色合いです。『ヴェリタスブロイ』から試飲してみると、ライトで爽やかな印象。原料がモルトとホップのみ、無添加なのでナチュラルな味わいです。口に入れた瞬間、独特の甘い香りが広がり、後味には程よい苦みを感じ、筆者はハートランドビールに似ていると思いました。お風呂上りにゴクゴク飲みたいビールです。

一方、『ヴェリタスブロイ』は、しっかりとしたコクと苦みで、香りも個性的。飲みごたえがあるのでソーセージや肉料理など、こってりした食事に合いますね。黒ビールや個性の強いビールが好きな人に支持されそうです。一緒に試飲した旦那の感想は、国産に比べて香りや味に個性があり、2種ともクラフトビールのような印象。ライトな味わいの『ヴェリタスブロイ』の方が、日本人好みかなと。たしかにそうかもしれません。好みは個人差があるので、まずは1本お試しで買ってみてください。

ノンアルコール酒の最新研究について

画像: ドイツでは、健康志向の「新しいお酒」としてノンアルコール酒がブーム www.nhk.or.jp

ドイツでは、健康志向の「新しいお酒」としてノンアルコール酒がブーム

www.nhk.or.jp

2020年2月2日放送のNHKスペシャル『食の起源』で、ノンアルコールビールが取り上げられていたので、一部を抜粋して紹介します。

ドイツ・ミュンヘン工科大学の研究で、マラソン選手たちに5週間、毎日1.5ℓのノンアルコールビールを飲用してもらったところ、ノンアルコールビールに含まれるポリフェノールが、過激な運動をする選手たちの免疫力低下を防ぐ役割を果たしたという見解を示しました。今ドイツでは、ノンアルコールビールが健康志向の「新たな酒」としてトレンドになっているそうです。

画像: ノンアルコール・ワインの「高揚感・楽しさ」は、普通のワインと同様の傾向 www.nhk.or.jp

ノンアルコール・ワインの「高揚感・楽しさ」は、普通のワインと同様の傾向

www.nhk.or.jp

日本でもビールやワイン、カクテルなどのノンアルコール酒の愛飲者が増え、「ノンアルなのに酔った気がする!」という声もちらほら聞きます。国内の最新研究でノンアルコール酒でも「酔いの心地よさ」を味わえることがわかってきたそうです。

※京都大学と酒造メーカーが共同で行った実験では、22名の男女にノンアルコール・ワインを150ml飲んでもらい、その後に感じた感覚や気分をアンケートで回答。さらにリラックスの度合いを示す自律神経の働きも装置で計測した。

画像: ノンアルコール・ワインの「リラックス」の度合いは、普通のワインよりも上昇 www.nhk.or.jp

ノンアルコール・ワインの「リラックス」の度合いは、普通のワインよりも上昇

www.nhk.or.jp

「楽しさ・高揚感・リラックス」が上昇したポイントは、「脳の記憶」。ノンアルコール酒を飲むと、お酒を飲んだときの「酔いの快楽」の記憶が呼び覚まされ、楽しさや高揚感が増していくと考えられています。

NHKスペシャル『食の起源 第4集「酒」~飲みたくなるのは“進化の宿命”!?~』

最後に

毎日ビールは飲みたいけど2本、3本と空けてしまい、揚げ物やスナック菓子が無性に食べたくなる…。筆者のように自分にセーブがきかない人も少なくないはず(と思いたい)。そんなときは、ビール本来の味を楽しめるドイツ産ノンアルコールビールを飲み、ほろ酔い気分でストレスを発散!我慢せず、心身ともに健康で楽しい毎日を過ごしませんか。

◆文・藤田美佐子
京都市在住。フリーランスの編集兼ライターとして観光、食、求人、医療、ブライダルなど幅広い取材・執筆活動を行う。1児の母。趣味はマラソン。おいしいものを食べたり、つくることが大好きな食いしん坊。ビールやワインもウエルカム!

This article is a sponsored article by
''.