【偽ショッピングサイト】本物そっくり!ダイソンやロウヤ、日本郵便など偽サイト被害が激増

暮らし・生活・ペット

最近は、偽公式オンラインストアを開設してクレジットカード決済や銀行振込をさせ、粗悪品を送ったり、何も送らなかったりする手法が登場。また、実在しない「特価用品専門店」というネット通販サイトが複数作られて被害が出ている。偽サイトは、現在は消えているが、いつ復活するかわからない。また、別の企業の偽サイトも出てくるだろう。

セキュリティの最強極意(1)
本物そっくりの偽公式サイトが増殖中!

支払い手続きをする前にURLや決済方法を再確認せよ!

技術が進化するように、犯罪も進化している。例えば、最初はオレオレ詐欺と呼ばれていた特殊詐欺も、今は偽の警察官や銀行員、役所の人などが次々と登場する手の込んだものが増えた。

ネット詐欺も同様だ。従来のフィッシング詐欺は、まず個人情報を窃取して、それを悪用することが多かった。しかし最近は、偽の公式オンラインストアを開設してクレジットカード決済や銀行振込をさせて、粗悪品を送ったり、何も送らなかったりする手法が登場。

具体的には、ダイソンや家具・インテリア製品のロウヤの偽サイトが確認されている。また、実在しない「特価用品専門店」というネット通販サイトが複数作られて、ここでも被害が出ている。こうした偽サイトは、現在は消えているが、いつ復活するかわからない。また、別の企業の偽サイトも出てくるだろう。

リアル店舗と違って、オンラインストアは比較的簡単にコピー店舗を作ることができる。本物のサイトからデータや写真を取り込むので、ほとんど見分けがつかない。サイト内の日本語も自然になった。被害を避けるには、お得すぎる話は疑うこと。そして、わずかな違和感に敏感になることだ。

ダイソンの偽サイトに注意

人気のダイソン製品が格安で買えるように偽装した偽物のサイトが登場し、ダイソンも注意を呼び掛けている。この画面は本物のサイトのもの。

本物と偽物を見分けるためには、ブラウザー上部のURLをチェックするのが大切。また、支払い方法が銀行振込だけというのも怪しい。ほかのサイトにはないようなお得な案内を見たら、そのリンクをクリックするのではなく、自分で検索して公式サイトを開き、情報が正しいかどうかを確認しよう。

家具販売のロウヤも偽サイトが登場

こちらは、家具やインテリア製品の通販サイト、ロウヤの本物のサイト。こちらにもやはり偽サイトが登場し、注意が呼びかけられている。

なお、従来どおり、IDとパスワード、名前やメールアドレスなどの個人情報、クレジットカード番号などを窃取するフィッシング詐欺の被害も続いている。

日本郵便をかたって個人情報を盗むサイト

従来型フィッシング詐欺サイトの一例。日本語が不自然だったり、再配達なのにカード番号の入力があったりと、不審な点が多い。

企業向けサービスもねらわれている

キヤノンの業務用サービスをかたって偽サイトへ誘導し、IDやパスワードをねらう手法が報告されている。テレワークの人も油断できない。

解説/下島 朗(エントラータ)

暮らし・生活・ペットセキュリティ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース