ニコン「Z 6Ⅱ」は、2018年発売のZ6に改良を加えたモデル。画像処理エンジン、EXPEED(エクスピード)6を2基搭載して処理能力を向上。フルサイズならではの高感度性能。レンズも総じて高性能で、画質を重視する人向けといえる。

今回のテストアイテムはこちら
ニコン「Z 6Ⅱ」

実売価格例:26万8400円(ボディ)

●プロフィール
2018年発売のZ6に改良を加えたモデル。画像処理エンジン、EXPEED(エクスピード)6を2基搭載して処理能力を向上。連写の最高速や連続撮影枚数も増えたほか、デュアルスロット化、縦位置グリップへの対応なども見どころだ。

画像: 見た目としては先代のZ6と変わらないが、AFや連写の強化、デュアルスロット化など、ユーザーの声を反映した改良や強化が施されている。

見た目としては先代のZ6と変わらないが、AFや連写の強化、デュアルスロット化など、ユーザーの声を反映した改良や強化が施されている。

SPEC
●撮像素子/フルサイズCMOS(約35.9㎜×23.9㎜)●有効画素数/最大約2450万●レンズマウント/ニコンZマウント●記録画素数/最大6048ドット×4024ドット●ファインダー/0.5型有機EL(約369万ドット)●ISO感度/100~5万1200、拡張下限50、拡張上限20万4800●連続撮影速度/最高約14コマ/秒●液晶モニター/3.2型(約210万ドット)●記録媒体/CFexpress(Type B)、XQD、SD/SDHC/SDXC(UHS-I、UHS-II対応)●電源/専用リチウムイオン●サイズ/幅134㎜×高さ100.5㎜×奥行き69.5㎜●重量/705g

連写は14コマ/秒、連続撮影枚数は200枚

パワーアップの要は、画像処理エンジン、EXPEED6が2基構成となったことに加えて(先代は1基だけだった)、連写時の画像データを一時的に保存するバッファメモリーも増強。これにより、AFと連写の性能が向上した

先代モデルのAFが特に悪かった印象はなく、本機はそれに磨きをかけた格好といえる。実写でも、暗いシーンでのピント合わせがスムーズになったように感じた。

連写の最高速は、先代の12コマ/秒から14コマ/秒に高速化。連続で撮れる枚数は44枚から200枚へと増加(いずれもJPEG Lサイズ、ファイン画質時)。動きの速い被写体を繰り返して連写するようなシーンでも、余裕で対応できるのはありがたい。

また、先代のユーザーから寄せられた要望を反映。XQDカードとSDカードのデュアルスロットになったほか、縦位置グリップにも対応するなど、さまざまなブラッシュアップが施されている。

◾️クリアでシャープなファインダー

画像: ファインダーは、クリアでシャープ。連写中でも被写体が見やすい。モニターは3.2型のチルト式で、自分撮りには対応できない。

ファインダーは、クリアでシャープ。連写中でも被写体が見やすい。モニターは3.2型のチルト式で、自分撮りには対応できない。

横顔に近いアングルで目をとらえる瞳AF

実写は、Z24~70ミリ F4Sとの組み合わせで行ったが、比較的コンパクトながら高性能タイプだけに、シャープで気持ちいい描写が楽しめた。AFは速くて正確。

シビアに見れば、動きの速い被写体への追従性の面で、同社の高級一眼レフに譲る部分もあるようだが、スナップや風景、人物などを撮るぶんには不満はまったく感じない。瞳AFは、犬や猫などの動物にも対応。横顔に近いアングルでもしっかり目をとらえてくれた。

発色はやや穏やかめ。コントラストがしっかりしているからか、被写体の厚み、奥行き感がきれいに出る。高感度はフルサイズ機らしい余裕があって、ISO6400でも十分に実用的な画質だ。

レンズも含めると安くはないが、満足できる一台だ。

◾️高速かつ高精度なピント合わせが可能

画像: 水たまりに映った空を地面すれすれのローアングルから撮影。スナップや風景などなら十分に高速かつ高精度なピント合わせが可能だ。

水たまりに映った空を地面すれすれのローアングルから撮影。スナップや風景などなら十分に高速かつ高精度なピント合わせが可能だ。

おすすめ度…A

処理能力が向上し、Z 6よりもAFと連写がグレードアップ。高感度も良好

ココが〇
デュアルエンジン化でAFと連写がパワーアップ。フルサイズならではの高感度性能。レンズも総じて高性能で、画質を重視する人向け。

ココが✖️
同社の一眼レフ、D500などに比べると、速い動きに対する追従性が弱め。自分撮りができないチルト式モニター。レンズも含め、価格が高い。

※価格は記事作成時のものです。
解説/北村智史(カメラライター)

This article is a sponsored article by
''.