ここでは、スマホで話題の本を読む方法を解説する。スマホの普及に伴い、24時間いつでもどこでも本を購入して読めるのが最大の魅力で、文字を大きく表示して読めるなどのメリットもある。電子書籍サービスは1冊ずつを購入するものと、定額読み放題のものがあり、最近は後者を利用する人も多い。

スマホで話題の本を読もう!

雑誌から小説、コミックまで、サブスク電子書籍配信の最新比較

スマホの普及に伴い、電子書籍は身近な存在になりつつある。24時間いつでもどこでも本を購入して読めるのが最大の魅力で、文字を大きく表示して読めるなどのメリットもある。電子書籍サービスは1冊ずつを購入するものと、定額読み放題のものがあり、最近は後者を利用する人も多い。

サービスごとに読める本が異なる

例えば、Amazonの提供する「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」は、月額980円で幅広いジャンルの本が読み放題になる。スマホだけでなくタブレットやパソコンでの利用も可能。

iPhoneはブラウザーから、Androidは「Kindle」アプリから対象書籍をダウンロードする。Amazonには、プライム会員が対象となる「Prime Reading」もあり、こちらは1000冊の書籍が読める。

Kindle Unlimited
提供元:Amazon

iPhone Android

画像: Kindle Unlimitedは、幅広いジャンルがそろうのが魅力。一度にダウンロードできるのは10冊まで。

Kindle Unlimitedは、幅広いジャンルがそろうのが魅力。一度にダウンロードできるのは10冊まで。

コミックに特化した読み放題サービスなら「シーモア読み放題」がおすすめ。月額1480円と月額740円のプランが選べ、プランによって読める作品が異なる。ライトノベルや文庫本に特化した「BOOK☆WALKER」などもあるので、自分の好みに合わせて利用するサービスを選ぼう。

シーモア読み放題
提供元:コミックシーモア

iPhone Android

画像: 全ジャンルを読むなら「読み放題フル」、人気作品だけを読むなら「読み放題ライト」が選べる。

全ジャンルを読むなら「読み放題フル」、人気作品だけを読むなら「読み放題ライト」が選べる。

通信キャリア各社も定額読み放題サービスを提供しており、NTTドコモは「dマガジン」、auは「ブックパス」、ソフトバンクは「読み放題プレミアム」が利用できる。いずれも自分が利用しているキャリアに関係なくアカウントを作成可能。dマガジンと読み放題プレミアムは雑誌とムックが中心だが、ブックパスはコミックや実用書も提供している。

ブックパス
提供元:au

iPhone Android

画像: 読む本に応じた二つのプランから選べる。「au ID」を作成すれば、auユーザー以外も利用可能だ。

読む本に応じた二つのプランから選べる。「au ID」を作成すれば、auユーザー以外も利用可能だ。

dマガジン
提供元:NTTドコモ

iPhone Android

画像: 週刊誌やムックなどが読み放題。利用には「dアカウント」が必要で、ドコモユーザー以外でも使える。

週刊誌やムックなどが読み放題。利用には「dアカウント」が必要で、ドコモユーザー以外でも使える。

主要サブスク電子書籍・コミック配信サービスの比較

サービス名運営月額料金タイトル数無料期間ジャンル
Kindle
Unlimited
Amazon980円和書12万冊以上、
洋書120万冊以上
30日間雑誌、小説、実用書、児童書、
コミック、洋書など
Prime
Reading
AmazonAmazonプライム
会員は無料
約1000冊30日間雑誌、小説、実用書、児童書、
コミック、洋書など
BOOK☆
WALKER
Book
Live!
836円ライトノベル8000冊以上、
文庫2000冊以上
7日間ライトノベル、文庫
シーモア
読み放題
コミック
シーモア
1480円(フル)/
780円(ライト)
7万6000冊以上(フル)/
3万冊以上(ライト)
7日間雑誌、小説、実用書、コミック、
ライトノベル、写真集など
ブックパスau618円(総合コース)/
418円(マガジンコース)
約2万冊(総合コース)/
300誌以上(マガジンコース)
30日間雑誌、小説、実用書、コミック
ブック放題ビューン550円雑誌350誌、
コミック3万冊
1ヵ月雑誌、コミック、旅行書
読み放題
プレミアム
ビューンYahoo!プレミアム
会員は無料
雑誌350誌、
コミック3万冊
1ヵ月雑誌、コミック、旅行書
dマガジンNTTドコモ440円雑誌やムック本
など500誌以上
31日間雑誌、ムック
楽天マガジン楽天418円(月額プラン)/
3960円(年額プラン)
雑誌やムック本
など500誌以上
31日間雑誌、ムック
※月額料金はすべて税込み。「Prime Reading」はAmazonプライム会員、「読み放題プレミアム」はソフトバンクユーザーなら無料で使える。
Amazonプライム会員料金は月額500円もしくは年額4900円。

通常の50%オフで読めることも!

人気の「鬼滅の刃」を全巻イッキ読みするなら、このサイトがねらい目

読み放題サブスクは、最新作が配信されない。最新作を電子書籍で読みたいなら、一冊ごとに料金が発生する電子書籍サービスを利用しよう。中でもクーポンやポイントを活用できるものがお得。

クーポンやポイントを活用してお得に購入

「DMM電子書籍」では、作品を購入するごとにポイント還元されるキャンペーンが展開されていたり、初回購入の際に7日間有効の半額クーポンがもらえたりする。クーポン取得後の初回購入時の全作品が半額になるので、気になる作品をまとめ書いしたいときに活用するといい。

DMM電子書籍
提供元:DMM.com

画像: 会員登録は無料で、購入ごとに課金する。初回購入限定で50%オフクーポンが付与される。

会員登録は無料で、購入ごとに課金する。初回購入限定で50%オフクーポンが付与される。

サービス開始から20年の老舗電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPANのサービスの一つで、電子決済サービス「PayPay」での決済に対応する。ストアのポイントとPayPay特典の両方が使えるので、既存のPayPayユーザーにはお得なサービスといえる。

ebookjapan
提供元:ヤフー

iPhone Android

画像: 2000年開始の老舗電子書籍サービス。電子決済サービス「PayPay」での支払いに対応。

2000年開始の老舗電子書籍サービス。電子決済サービス「PayPay」での支払いに対応。

自分好みの短編作家を発掘しよう!

映像化、アニメ化など、プロの書き手も続々輩出している小説投稿サイト

無料でさまざまな小説を読みたいなら、投稿型の小説サイトを利用するのも一つの手。最近は、こういったサイトで発表された作品が映像化やアニメ化、書籍化されることも多く、流行を先取りしたい人にぴったりだ。

投稿型なので新たな才能を発掘する楽しみも

「小説家になろう」は、250以上の作品が書籍として刊行されている大手の小説投稿サイト。お気に入り登録や、読みかけの小説にしおりを挟む機能などもあり、すべて無料で利用できる。

小説家になろう
提供元:ヒナプロジェクト

HTTPError
画像: 77万作品以上の小説が投稿されている。すべて無料で利用できるのが特徴。

77万作品以上の小説が投稿されている。すべて無料で利用できるのが特徴。

人気作品を輩出するもう一つのサービスが「pixiv(ピクシブ)」で、小説だけでなく、イラストや漫画も投稿されている。作品はすべて無料で読めるが、人気順検索や広告非表示などの機能を利用するには、月額458円の「pixvプレミアム」への加入が必要。より快適に利用したい場合は、有料プランに加入しよう。1ヵ月間は無料なので、まずは試しに利用するといい。

pixiv
提供元:ピクシブ

iPhone Android

画像: 有料会員になると人気順検索や広告非表示などの機能を使うことができる。

有料会員になると人気順検索や広告非表示などの機能を使うことができる。

ちょっとした空き時間にピッタリ!

あるある、共感、感動……人気の4コマ漫画や絵日記コンテンツをフォロー

SNSといえば情報収集のために利用している人も多いが、SNS上で発表される漫画や絵日記コンテンツも多い。最近はSNSで発表した作品を後日、書籍にまとめて発売する作家が多く、気になった作家はどんどんフォローしておくといい。また、「#4コマ漫画」などのハッシュタグで検索する方法もある。

人気のジャンルは恋愛、子育て、ペットなどの日常生活を描いたもので、中には病気を周知してもらうために書かれた漫画なども話題になりやすい。

チェックしたいSNSは、ツイッター、インスタグラム、note(ノート)の三つ。ただし、ツイッターとインスタグラムはすべて無料で閲覧できるが、noteは投稿した作品を有料で公開していることもある。SNS上で投稿される漫画は短時間で読めるものが多いので、すき間時間を活用して読んでみるといい。

SNS上で発信される漫画はバラエティ豊富

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい
アカウント名:@hidekiccan

画像: ツイッター上に投稿されている漫画家の松本ひで吉によるペット漫画。

ツイッター上に投稿されている漫画家の松本ひで吉によるペット漫画。

凡人すたいる
アカウント名:@bonjinmame

画像: インスタグラムで投稿されているまめさんの日常漫画。シュールな絵柄が笑いを誘う。

インスタグラムで投稿されているまめさんの日常漫画。シュールな絵柄が笑いを誘う。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.