アプリ「ピントル」は、を起動すると「タイムライン」が表示され「今日の9枚」を筆頭に名画がズラッと並ぶ。スクロールで気になる絵を探し、それをタップして拡大表示も可能。じっくり鑑賞して印象に残ったことがあれば「レビュー」を書くというのが、このアプリの基本的なスタイルだ。

鑑賞の記録を残すこともできる

世界中の美術館が手のひらに!20万点以上を堪能できる美術館アプリ

美術館は好きだが、いまいちアートはわからないという人でも楽しめる美術鑑賞アプリ。20万点以上の名画や現代アートが収録されている。

アプリを起動すると「タイムライン」が表示され「今日の9枚」を筆頭に名画がズラッと並ぶ。スクロールで気になる絵を探し、それをタップして拡大表示。じっくり鑑賞して印象に残ったことがあれば「レビュー」を書くというのが、このアプリの基本的なスタイル。

気に入った作品は「お気に入り」に登録することで、コレクションやレビュー集、鑑賞記録が残せるようになっている。

日替わりのおすすめ作品や企画展を楽しめる

ピントル
提供元:PINTOR Inc.

iPhone Android

画像: 毎日入れ替わる9枚の絵が、アプリ起動直後の「タイムライン」に表示される。

毎日入れ替わる9枚の絵が、アプリ起動直後の「タイムライン」に表示される。

「企画展」タブでは、作者やテーマに沿った展覧会を鑑賞できるようになっており、絵画をタップすると詳細な解説も表示される。

画像: 「企画展」はこのアプリのメイン機能。バーチャル展覧会を見ることができる。

「企画展」はこのアプリのメイン機能。バーチャル展覧会を見ることができる。

レビューを投稿する機能もあるので、ほかのユーザーのレビューを参考にしたり、逆に「いいね」をもらったりして楽しむこともできる。

■解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.