世界中にプレイヤーを抱えるフォートナイト。CEROレーディングC区分(15歳以上推奨)のゲームですが、小学生でも大人気のゲームです。お子さんがプレイしたがっているものの「子供にやらせるのはちょっと不安」という親御さんも多いのではないでしょうか。筆者も子供にプレイさせるべきか悩んでいました。この記事では、フォートナイトが子供にとって本当に危険なゲームなのか、プレイさせる場合、どのような注意が必要か、実際に筆者の子供にプレイをさせてみて感じた感想とメリット・デメリットをまとめました。

フォートナイトとは

フォートナイトとは、2017年に発売されたゲームソフトです。

画像: フォートナイトはEpic Gamesがリリースする超人気作品

フォートナイトはEpic Gamesがリリースする超人気作品

開発元はアメリカ、ノースカロライナ州に本社のあるEpic Games。
同社はアクションゲーム開発をメインとしていますが、その中でもフォートナイトは代表作ともいえる存在です。

本国アメリカでの人気はもちろん、配信開始から徐々に勢いは加速され2020年の時点でプレイヤーは3億5,000万人越え!地球上にいる人間の約20人に1人はプレイをしている計算です。
プラットフォームはPC、Xbox、PlayStationなどですが、現在はSwitchでも無料配信をしています。

ゲーム内容

フォートナイトのゲーム内容は、「バトルロイヤル」がメインです。

画像: 最後の一人まで生き残れ!

最後の一人まで生き残れ!

世界中に点在するプレイヤー100人と同じ条件下でバトルをスタート。最後の1人まで生き残れれば優勝、というとても単純なルールです。
ただひたすらアクションと作戦を駆使して、戦いを進めていくのみ!

しかし「ストーム」と呼ばれる危険地帯が一定時間ごとにランダムで発生し、それから逃れるためには、常に移動を繰り返さなくてはなりません。
そのため1か所にとどまって戦うことはできず、常に次の安全地帯への移動手段やそこまでの距離を逆算し、行動を考える必要があります。

また、建築要素もフォートナイトの魅力のひとつ。

画像: 自分で壁や階段などが作れる

自分で壁や階段などが作れる

自分でそのへんの木や建築物を壊して材料を集め、壁や階段を作ります。そうして作った建築物は、敵から身を守る擁壁や攻撃をするための高台となるもの。
いかにうまく建築をこなすかが、フォートナイトで勝ち残るための重要な戦略です。

ゲーム以外の要素でもファンを獲得

フォートナイトはその人気ぶりから、世界中のアーティストや商社もマーケティングのプラットフォームとして注目している存在です。

画像: バトルだけじゃない!他にも楽しみ方が満載

バトルだけじゃない!他にも楽しみ方が満載

フォートナイトには闘うことができない「パーティーロイヤルモード」というのがあります。パーティーロイヤルモードにはステージが設置されており、そこではアーティストがヴァーチャルライブを行ったり上映会を開催したりして、バトルとは違う楽しみ方ができます。

2020年8月には、米津玄師さんが同場所でバーチャルライブを行ったことでも有名です。

画像: 米津玄師がパーティーロイヤルに登場 | フォートナイト youtu.be

米津玄師がパーティーロイヤルに登場 | フォートナイト

youtu.be

米津玄師さんをはじめ、自身のお気に入りアーティストのバーチャルライブ開催をきっかけに、アカウントを作成しログインを試みた新規ユーザーも多くいるそう。
ゲームファン以外も楽しめる要素がたくさんあるのが、フォートナイトが注目を浴び続ける大きな理由のひとつだといえそうです。

人気Youtuberも実況プレイをしている

ヒカキンさんやマイゼンシスターズさんなど、小中学生に人気のYoutuberもフォートナイトの実況プレイ動画を配信しています。
フォートナイトの存在をYoutuberの動画で知った、という子供も多いようです。

無料で遊べる

フォートナイトは基本は無料で遊べるゲームです。現在のユーザーはSwitchをプラットフォームとしている場合が多いようですが、ダウンロードさえすれば課金をせずに遊べます。
もちろん、まったく課金ポイントがないわけではありません。

フォートナイトでお金がかかる部分は、キャラクターのコスチュームやダンスなど、ゲームには直接関係のない装飾部分だけです。

画像: 戦闘能力に課金は関係ない

戦闘能力に課金は関係ない

そのため、「課金をすればゲームが有利になる」という要素はないため、見た目にこだわらなければ0円で楽しく遊べます。

CEROレーティングはC区分(15歳以上推奨)

フォートナイトのCEROレーティングはC区分、「15歳以上のプレイ推奨」で設定されています。とはいえ、15歳未満だからダウンロードができない、というわけではありません。
しかし親世代からすると、このCERO「C」という区分が、引っ掛かる方も多いようです。

フォートナイトは子供には危険?

筆者がプレイしてみた感想

私のまわりでは、フォートナイトをやらせている親は少ない印象でした。

子供にフォートナイトを与えていない理由は「戦って殺し合うゲームと聞いたから」「ボイスチャットなんて怖いから」「そもそも15歳以上対象のゲームだから」「子供には刺激が強すぎるから」というものがほとんどです。

実際に私もそう思い、子供にはプレイをさせていませんでした。
しかしひょんなことでプレイのきっかけができたため、ダウンロードを開始。

親がそばについて子供にやらせてみたところ、上記のような想像とは違う部分もありました。実際にプレイをさせてみて思った、親の感想をご紹介します。

①思ったほど残酷な要素はない

フォートナイトは、もっと残酷な戦いが繰り広げられるものかと思っていました。

画像: 生々しい描写は少ない

生々しい描写は少ない

しかし実際は血が流れるわけでもなく、かなりカジュアルな戦闘シーンが繰り広げられるだけ。
キャラクターの服装も露出控えめで、「子供に見せたくないな」と思うシーンは少なかったです。

②不安だったチャット機能は「オフ」できる

私がフォートナイトを敬遠していた大きな理由は、ボイスチャット機能です。
もし息子がプレイをして、上手にできなくて「へたくそ!」「やめろ!」といった声が入ってきたら……良い気分はしません。

しかし実際はチャット機能をオフにしてプレイをすれば、自分の声が聞こえることもなく、相手の声も聞こえなくなるようです。
そもそもマイク付きイヤホンがないとチャット機能は手も足も出せません。

画像: ボイスチャット機能には正と負の側面がある

ボイスチャット機能には正と負の側面がある

ボイスチャットができるとお友達とのプレイももっと楽しくなるようですが、わが家では今はまだ、チャレンジさせていません。

This article is a sponsored article by
''.