コロナ禍で普及が加速するキャッシュレス決済。なかでも知名度の高いApple PayはiPhoneユーザーなら気になっている方も多いはずです。そこで本記事では、Apple Payのメリット・デメリットを簡潔に解説します。利用方法にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

Apple Payとは

Apple Payとは、文字通りApple社が提供するキャッシュレス決済のことです。専用端末にiPhoneをかざすだけで、改札機を通過できたり、コンビニで買い物ができたりします。

また、Apple PayはiPadやAppleWatchにも対応しています。デバイスのラインナップに関しては、Appleの公式サイトを参考にしてください。

Apple Payに対応しているお店

Apple Payは非常に多くの場所です利用できます。セブンイレブン等のコンビニをはじめ、イオンやユニクロ、ヨドバシカメラなど、使い道に困る心配はありません。具体的な店舗のラインナップに関しては、公式サイトを参考にしてください。

Apple Payの押さえておきたい3つのメリット

ここでは、Apple Payのメリットを3つご紹介します。

①公共交通機関をスムーズに利用できる

画像: ①公共交通機関をスムーズに利用できる

Apple Payに交通系電子マネーを追加すれば、多くの公共交通機関をスムーズに利用することができます。改札機にデバイスをかざすだけで通過できるからです。

  1. Apple Payに交通系電子マネーを追加
  2. 交通系電子マネーの残高にチャージ
  3. 改札機にデバイスをかざす

改札機にiPhoneをかざす際は、ロック画面でもスリープ状態でもかまいません。財布からSuica等を取り出す必要がなく、スマホ上でチャージできます。

ただ、現時点(2021年4月11日)では、Apple Payに対応している交通系電子マネーはSuicaとPASMOのみです。SuicaとPASMOが使えない公共交通機関の場合、Apple Payも利用できないので注意してください。

②支払いがスピーディーになる

画像: ②支払いがスピーディーになる

Apple Payは非接触型のキャッシュレス決済です。専用端末にデバイスをかざすだけで支払いが完了します。例えばコンビニの場合、iPhoneのApple Payを利用する流れは以下の通りです。

  1. 商品の合計金額を確認する
  2. iD・QUICPayまたはSuicaのいずれかを選択する
  3. 専用端末にiPhoneをかざす
  4. 支払い完了

現金払いはもちろん、スマホ決済やクレジットカード払いと比較してもスピード感があります。店員との接触機会を削減できるので、衛生面でもApple Payはおすすめです。

③複数のキャッシュレス決済をまとめられる

Apple Payにはウォレット機能が搭載されており、複数のキャッシュレス決済を1つにまとめることができます。個別にキャッシュレス決済を利用するよりも、管理が手軽なので魅力的です。

私の場合は楽天カード・エポスカード(ゴールド)・Visa LINE Payクレジットカード・Suica・PASMOの5種類をApple Payに追加しています。

画像: ③複数のキャッシュレス決済をまとめられる

各キャッシュレス決済のイメージ画像が表示されるので、どのキャッシュレス決済を利用するのか一目で分かります。Apple Payを初めて利用する方も安心です。

Apple Payで知っておくべき2つの注意点

ここでは、Apple Payで知っておくべき注意点を2つ解説します。

①iPhone6s以前は店舗で利用できない

画像: ①iPhone6s以前は店舗で利用できない

iPhone6S以前の機種の場合、Apple Payを実店舗や改札機で利用できません。非接触決済を可能にするNFC(近距離無線通信)機能が搭載されていないからです。Apple Payをフル活用する場合、iPhone7以降の機種が必要になります。

ただ、iPhone6S以前の機種でも、Apple Payを利用したネット通販は可能です。Apple WatchとiPhoneを連携させる対処法もあります。

②登録できないクレジットカードがある

Apple Payには、多くのクレジットカードとSuica・PASMOが登録できます。しかし、一部登録できないクレジットカードが存在するので要注意です。「カード名+Apple Pay」と検索すれば、お手持ちのクレジットカードがApple Payに対応しているか確認できます(例外あり)。

Apple Payにキャッシュレス決済を登録する方法

Apple Payにキャッシュレス決済を登録する方法は以下の通りです。

  1. Apple Payを開く
  2. 画面右上の「+」をタップ
  3. 「クレジットカード等」を選択
  4. クレジットカード情報を入力

カード情報に関しては、スマホでクレジットカードを読み取ることで入力作業を省略できます。また、SuicaやPASMOの登録方法は以下のリンクを参考にしてください。

【Suica】

画像: www.jreast.co.jp
www.jreast.co.jp

【PASMO】

画像: www.pasmo.co.jp
www.pasmo.co.jp

Apple Payの利用方法

Apple Payの利用方法は、大きく分けて公共交通機関・店舗・オンラインの3種類に分けられます。

公共交通機関でApple Payを利用する場合、改札機にデバイスをタッチすればOKです。普段利用しているSuica等のカードが、iPhoneやApple Watchに変わっただけとイメージしてください。

店舗でApple Payを利用する場合、専用端末にデバイスをかざせば支払い時が完了します。ただ、決済を行う前に顔認証やタッチID認証が必要となります。

ネット通販などのオンラインで利用する場合は、支払い方法の選択画面でApple Payをタップしてください。

Apple Payについてのまとめ

今回は、Apple Payのメリット・デメリットについて解説しました。それぞれ押さえておきたいポイントは以下の通りです。

【メリット】

  • 公共交通機関をスムーズに利用できる
  • 支払いがスピーディーになる
  • 複数のキャッシュレス決済をまとめられる

【デメリット】

  • iPhone6s以前は店舗で利用できない
  • 登録できないクレジットカードがある

Apple Payの最大の魅力は、公共交通機関の利用がスムーズになる点です。iPhoneやApple Watchを改札機にタッチするだけで乗車できるので、通勤・通学時に役立ちます。

ただ、iPhone6s以前の機種でApple Payを利用するためには、Apple Watchが必要になるのご注意ください。

This article is a sponsored article by
''.