キャニスター型掃除機の電源コードの黄色と赤の印はどういう意味がある?

掃除機

キャニスター型の掃除機の電源コードにある黄色のテープは「ここまで引き出して」という意味だ。本体内に巻き取られた状態で使用すると、発熱による破損や事故の原因になるので注意しよう。

掃除 疑問と悩み
キャニスター型の掃除機の電源コードには黄色と赤の印があるけど、なぜ二つもあるの?

電源コードの赤テープは「これ以上引き出さないで」という意味ですが、黄色は「ここまで引き出して」という意味です。巻き取り式の電源コードは、使うぶんだけ引き出せばいいように思いがちですが、どんなときでも(たとえ掃除機とコンセントが近くにあるときでも)黄色まで引き出すのが正しい使い方です。

電源コードは掃除機内で巻かれた状態で収納されています。いわば束ねた状態であるため、そこに電気を流すと発熱の危険性があります。また、掃除機内はモーターの熱がたまるので、その影響も受けて故障の原因になります。

黄色のテープは「ここまで引き出して」という意味。本体内に巻き取られた状態で使用すると、発熱による破損や事故の原因になるので注意しよう。

■解説/福多利夫(フリーライター)

掃除機知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース