キャニスター型の掃除機の電源コードにある黄色のテープは「ここまで引き出して」という意味だ。本体内に巻き取られた状態で使用すると、発熱による破損や事故の原因になるので注意しよう。

掃除 疑問と悩み
キャニスター型の掃除機の電源コードには黄色と赤の印があるけど、なぜ二つもあるの?

電源コードの赤テープは「これ以上引き出さないで」という意味ですが、黄色は「ここまで引き出して」という意味です。巻き取り式の電源コードは、使うぶんだけ引き出せばいいように思いがちですが、どんなときでも(たとえ掃除機とコンセントが近くにあるときでも)黄色まで引き出すのが正しい使い方です。

電源コードは掃除機内で巻かれた状態で収納されています。いわば束ねた状態であるため、そこに電気を流すと発熱の危険性があります。また、掃除機内はモーターの熱がたまるので、その影響も受けて故障の原因になります。

画像: 黄色のテープは「ここまで引き出して」という意味。本体内に巻き取られた状態で使用すると、発熱による破損や事故の原因になるので注意しよう。

黄色のテープは「ここまで引き出して」という意味。本体内に巻き取られた状態で使用すると、発熱による破損や事故の原因になるので注意しよう。

■解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.