今回は、AppleMusicで2021年6月から提供が開始された、3D空間オーディオやロスレス/ハイレゾ音源についてご紹介します。音楽を楽しむのであれば、誰もがより良い音質を求めるものです。しかし、近年主流となっているWebストリーミング配信では、データ容量の問題などから、音質については妥協しなければならないケースも少なくありませんでした。しかし、現在では高速データ通信環境も普及し、大容量のデータ送受信が可能となっています。そこで、AppleMusicでは、よりリアルな3Dサウンドを楽しめる3D空間オーディオや、CDレベルの高音質を実現するロスレス/ハイレゾ音源の配信をスタートしました。

3D空間オーディオとは?

3Dオーディオというと、複数のスピーカーを使用したホームシアターシステムなどをイメージする方が多いかもしれません。事実、これまで本格的な3Dサウンドを楽しむためには本格的なシステムが必要でした。

画像: 3Dオーディオとは何なのでしょうか。 www.apple.com

3Dオーディオとは何なのでしょうか。

www.apple.com

しかし、近年では、擬似的にリアルな3Dサウンドを再現できるようになりました。AppleMusicの3D空間オーディオもそのひとつです。

AppleMusicで提供される3D空間オーディオとは

AppleMusicで配信が開始された3D空間オーディオでは、対応の端末やイヤホンなどで聴くことによって、まるで前後左右から本当に音が鳴っているようなリアルなサウンドを体験することができます。

従来の音源よりもより奥行きを感じることができますので、まるでアーティストやバンドが目の前で演奏しているかのような感覚を味わうことができるのです。

これまでも、擬似的に3Dサウンドを楽しめるシステムはいくつも存在していましたが、いずれも高価な端末にプラスして、専用の音源を購入する必要があるケースがほとんどでした。しかし、今回の3D空間オーディオの場合、iPhoneやiPad、MacといったAppleのデジタルデバイスと対応イヤホンやヘッドホンなどがあれば、気軽に楽しめます。また、従来のAppleMusicに対応音源が追加配信される形なので、別で料金が発生することもありません。より3Dサウンドが身近な存在になったと言えるでしょう。

AppleMusicの3D空間オーディオを楽しむために必要なデバイス

AppleMusicの3D空間オーディオは、前述の通り、iPhoneやiPadなどのデバイスで再生可能です。しかし、どのイヤホンやヘッドホンであっても利用できるわけではありません。これらのデバイスにはさまざまなイヤホンやヘッドホン、スピーカーなどを接続して音楽を楽しめるようになっています。しかし、3D空間オーディオに完全対応しているアイテムは限定されています。

現時点で公式に対応しているのはApple、または公式に提携しているBeatsのイヤホンやヘッドホンに限られています。具体的には、W1チップを搭載しているもののみで、現在販売されているモデルとしてはAirPodsシリーズやBeatsXなど、それほど種類が多いとは言えません。

ただ、公式に対応していないイヤホンやヘッドホンなどであっても、ある程度3Dサウンドの雰囲気は楽しめます。なので、まずはお手持ちのイヤホンなどで雰囲気を確認した上で、よりリアルなサウンドを楽しみたいのであれば、対応端末を購入するという形でもいいでしょう。

ロスレス/ハイレゾ音源とは?

AppleMusicでは、3D空間オーディオと同時にロスレス/ハイレゾ音源の本格的な配信開始も発表されました。現在、すでに多くの楽曲がより高音質なロスレス/ハイレゾ音源に対応しています。

画像: ロスレス/ハイレゾ音源の配信開始も発表(写真はイメージ/Pexels)

ロスレス/ハイレゾ音源の配信開始も発表(写真はイメージ/Pexels)

そこで、続いてはAppleMusicのロスレス/ハイレゾ音源についてご紹介します。

ロスレス/ハイレゾ音源って何?

現在、デジタルデバイスで聴くことができる音楽の多くが、オリジナルの音源から圧縮されたものです。そのため、ある程度音質が犠牲になっています。CDクオリティのオリジナル音源はどうしてもデータサイズが大きくなってしまうため、Web経由で音楽を楽しむ場合、圧縮が必要となってしまいます。そこで、ロスレスオーディオでは、可逆圧縮という圧縮方式を採用することによって、データサイズをある程度抑えながら、CDのオリジナル音源に近い音質を実現しました。

この可逆圧縮のことをロスレスコーデックと呼びます。そして、ハイレゾもロスレスコーデックによって作られた音源の一種です。ただし、ハイレゾはオリジナルのデータ量が異なり、一般的なCDの6倍以上の情報量を持ちます。そのため、より高音質で楽曲を楽しめます。

どんなイヤホン・ヘッドホンで楽しめるの?

前述の3D空間オーディオは、対応モデルであればワイヤレスイヤホンやヘッドホンでも楽しめました。しかし、Bluetooth接続の際には圧縮が必要となりますので、ワイヤレスでロスレス音源は楽しめません。そのため、現時点では有線タイプのイヤホンやヘッドホンを使用する必要があります。

ただ、有線タイプであれば多くのメーカーがロスレス/ハイレゾ音源に対応したイヤホンやヘッドホンを販売していますので、選択肢は豊富です。価格帯としては2000円台から購入可能なので、iPhoneなどの端末をすでにお持ちの方であれば気軽に楽しめるでしょう。

まとめ

画像: AppleMusicにより多くの楽しみ方が追加されました(写真はイメージ/Pexels)

AppleMusicにより多くの楽しみ方が追加されました(写真はイメージ/Pexels)

人気音楽ストリーミングサービスであるAppleMusicで、3D空間オーディオやロスレス/ハイレゾ音源の配信が開始されたことで、より音楽の楽しみ方が広がりました。

いくつかの条件はありますが、比較的気軽に楽しめますので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.