ネットでは事前から大きな話題を集めていた「Windows11」が正式発表された。Windowsは10が最後という方針を覆し、あえて新バージョンとして投入される。動作には指定のスペックを満たす必要があり、10からのアップグレードは、マイクロソフトから提供予定のツールを利用するなど、事前の確認が必要。

※本記事の画像はすべて開発中のものです。

スタートボタンが中心に移動するなど6年ぶりアップグレードでデザイン一新!

ネットでは事前から大きな話題を集めていた「Windows11」が正式発表された。Windows10から6年ぶりのバージョンアップとなり、ユーザーインターフェースが一新されたのが大きな特徴。マルチタスクの強化など、改善点は多岐にわたる。

マイクロソフト
Windows 11
2021年後半提供開始予定

まず目を引くのが、タスクバー中央に位置が変更されたスタートボタン。アプリタイルが廃止され、よりシンプルなデザインになっている。デスクトップは仕事用、ゲーム用など用途別に作成して使い分けが簡単にできるようになった。

スタートボタンがタスクバーの中央に!

画像: Windowsは10が最後という方針を覆し、あえて新バージョンとして投入される。動作には指定のスペックを満たす必要があり、10からのアップグレードに際しては、マイクロソフトから提供予定のツールを利用するなど、事前の確認が必要だ。

Windowsは10が最後という方針を覆し、あえて新バージョンとして投入される。動作には指定のスペックを満たす必要があり、10からのアップグレードに際しては、マイクロソフトから提供予定のツールを利用するなど、事前の確認が必要だ。

スマホのような「ウィジェット」も搭載。ニュースや天気などが素早く確認できる。

ウィジェット機能が復活!

画像: Windows 8以降で廃止されていた、スマホの「ウィジェット」に似た機能が復活。スワイプ操作で素早く呼び出せるようになっている。

Windows 8以降で廃止されていた、スマホの「ウィジェット」に似た機能が復活。スワイプ操作で素早く呼び出せるようになっている。

マルチタスク機能では、複数のウインドウを上下左右自在に配置できるほか、グループ機能も備え、複数アプリを並べた環境を丸ごと切り替えられるので、作業の効率化にも大いに役立ちそうだ。

一方、これまでやや手薄な印象があったコミュニケーション関連も強化。タスクバーに「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」が統合され、チャットやビデオ会議などがすぐに利用できる。

画像: スナップのレイアウトバリエーションが豊富になり、配置も直感的に可能。並べられたウインドウはグループとして記録され、整理や切り替えも容易だ。

スナップのレイアウトバリエーションが豊富になり、配置も直感的に可能。並べられたウインドウはグループとして記録され、整理や切り替えも容易だ。

アプリストアの「MicrosoftStore」も刷新。各サイトでダウンロード配布していたWin32アプリも、登録可能となった。特に注目されるのが、「Amazonアプリストア」経由でAndroidアプリを入手できる機能。アプリは、Windows上で動作できるとのことなので、期待が広がる。

Windows11の提供開始は、2021年後半の予定。10から無償アップグレードできるが、マイクロソフトが示すシステム最小要件を満たす必要がある。特に、セキュリティにかかわるTPM2.0チップ搭載という条件は特徴的なので、パソコンが対応するか確認しておこう。

※価格は記事作成時のものです。
※上の画像はすべて開発中のものです。

TEXT●宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.