新興の音楽トレンド、「Hyperpop(ハイパーポップ)」について紹介します。「Hyperpop」とは2019年前後からSpotifyの公式プレイリスト等を経由して定義付けられた新たな音楽ジャンルであり、一塊に「Hyperpop」と総称しても広い意味を持ちます。そこで、筆者が捉える「Hyperpop」の意味や由来、また筆者おすすめの「Hyperpop」の楽曲についても紹介していきます。

次世代の音楽ジャンル・Hyperpop(ハイパーポップ)とは?

Hyperpopとは、2019年前後からSpotifyの公式プレイリスト等を経由して定義付けられた新たな音楽ジャンルです。名前の通りポップ・ミュージックを「超越」したかのような独特のサウンドが特徴で、主に電子音楽やHiphopなどを主軸としつつも、それを誇張するかのようなスピード感・過剰な音圧・キラキラとしたメロディなどを取り入れているイメージの音楽となります。

ほかにも、2000年代頃のロック・サウンドなどを大胆に取り入れたり、ボーカロイドやアニメといったサブカルチャーを前面に押し出したりと、「ポップ」であることを共通項としつつも、ひとつのカテゴリに収まり切らないジャンルレスで自由な音楽であるとも考えられます。

(例…100 gecs『money machine』)

画像: 100 gecs - money machine (Official Music Video) www.youtube.com

100 gecs - money machine (Official Music Video)

www.youtube.com

Hyperpopはどのように誕生した?

前述の通り、ジャンルとしての「Hyperpop」が生まれたのはSpotifyによる同名の公式プレイリストが発端でした。2019年8月の公開以降、世界中の斬新な音楽がメジャー・インディー問わず追加され、プレイリスト全体が次々と更新され続けています。日本からもTohji(トージ)や4s4ki(アサキ)といった新鋭のアーティストの楽曲がクローズアップされ、世界中の注目を浴び始めているようです。

画像1: hyperpop open.spotify.com

hyperpop

open.spotify.com

では、そのようなジャンルが誕生した背景には、どのようなシーンや作品が存在するのでしょうか?

宇多田ヒカル『One Last Kiss』のプロデューサー・A.G.Cookと「PC Music」の存在

Hyperpopの前進となった音楽ジャンルには多種多様なものが存在し、言ってしまえば「あらゆる音楽の集合体」がひとつのジャンルを形作ったのがHyperpop、といった解釈をしてもよいでしょう。ただ、そういった流れを形作った「起爆剤」のような存在も、確かに存在します。

その一人として世界を股にかける注目のアーティストが、イギリス在住のトラックメーカーA.G.Cook(エージークック)です。2021年を象徴するヒット作となった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の主題歌である、宇多田ヒカル『One Last Kiss』の共同プロデュースを務めたことでも話題を集めたほか、2010年代からネット上の活動を中心とした音楽レーベル「PC Music」を主催して世界中の注目を集めるなど、ジャンルの火付け役として現在のポップ・ミュージックシーンを牽引し続けています。

画像: 宇多田ヒカル『One Last Kiss』 www.youtube.com

宇多田ヒカル『One Last Kiss』

www.youtube.com

PC Music自体は、2013年頃よりBandCampやSoundCloudといったDIYな音楽配信プラットフォームを主軸として独自の活躍を見せ、後のHyperpopに連なる要素を持つバブルガム・ベースという独特な電子音楽を創り上げていきました。

同レーベルは、Charlie XCXやSOPHIEといった新鋭のアーティストや、Carly Rae JepsenやOneohtrix Point Neverといった世界的ミュージシャンまで幅広い層のクリエイターと関係しており、今後もますます目が離せない重要な存在と言えるでしょう。

(なお、大変残念なことにHyperpopにおけるアイコニックな存在の一人であったトランスジェンダーの歌姫・SOPHIEは、2021年1月に事故でこの世を去ってしまいました。心から哀悼の意を表します。)

脱・身体性とインターネット、日本の"kawaii"カルチャーとの関係

また、Hyperpopを語る上で無視できないのが、日本発のポップカルチャーからの影響や、インターネットとの密接な関係性です。正直なところ、Hyperpopというジャンルについて音楽的な視点から分類を試みることは大きな意味を持たず、どちらかと言えば精神性やスタンス、ビジュアルイメージなどに共通項が浮かび上がるような枠組みです。

特に顕著なのがQueerであること、つまりはジェンダーレスであることを認め、マイノリティへの理解や多様性を受け入れることを前提とした音楽ジャンルであることでしょう。

故・SOPHIEをはじめ、Hyperpopにおける象徴的存在であるアーティストには、トランスジェンダーを含む性的マイノリティや、心身さまざまな事情を抱える方々が数多く存在しています。

そうした身体性による呪縛からの解放を試みるために多用されるのが「ボイス・エフェクトの多用」や「アーティスト・ビジュアルのアバター化(イラスト・CGイメージ等)」で、それらの源流としてインターネット的文化や技術、そして日本由来の漫画/アニメやボーカロイドといったカルチャーが関係していることも考えられます。

VaporwaveやFuturefunk、SoundCloud RapやLo-fi HipHopなど、2010年代にはさまざまな「インターネット・ミュージック」と呼べるジャンル群が世界中で誕生しましたが、それらの根幹にも日本の2次元的カルチャーやNerd(オタク)的イメージ、ゲーム的感覚などが根付いています。

また、原宿や渋谷などの日本的なポップカルチャーやアニメ的意匠を"kawaii"と総称する向きもあり、それらのさまざまな動きが集約された姿のひとつに「Hyperpop的なモノ」が存在する、とも捉えられるでしょう。

This article is a sponsored article by
''.