オーディオテクニカは、世界初となるワイヤレス軟骨伝導イヤホンとして「ATH-CC500BT」を発売した。本機は、耳穴を塞ぐことなく音楽に没入できるヘッドホンで、快適な通話もできる世界初(2022年9月時点)となる「軟骨伝導」のヘッドホンだ。第3の聴覚経路「軟骨伝導経路」を活かした独自の振動構造を採用により、音を効率的に鼓膜に伝えられることで、「ながら聴き」でも、高音質を実現したモデルとなっている。

オーディオテクニカ
ATH-CC500BT

●実売価格:1万7600円程度

オーディオテクニカは、世界初となるワイヤレス軟骨伝導イヤホンとして「ATH-CC500BT」を発売した。本機は、耳穴を塞ぐことなく音楽に没入できるヘッドホンで、快適な通話もできる世界初(2022年9月時点)となる「軟骨伝導」のヘッドホンだ。第3の聴覚経路「軟骨伝導経路」を活かした独自の振動構造を採用したことにより、音を効率的に鼓膜に伝えられるから、「ながら聴き」でも、高音質を可能としたモデルになっている。

画像: (カラー:ブラック)

(カラー:ブラック)

「軟骨伝導」は、「聴覚経路」や「骨導経路」とは違う第3の聴覚経路で、非常に効率よく音を伝えることができる経路になる。耳の軟骨部に触れる程度の装着で、効率よく音を伝えることができるため、頭部への圧迫も少ない。左右の内耳に到達する音はそれぞれ別々になるため、気導経路の音同様にステレオ感を得ることができる。

画像: 「軟骨伝導」の仕組み

「軟骨伝導」の仕組み

耳穴を塞ぐことなく、耳珠(じじゅ)と呼ばれる軟骨部に当てるようにして装着するだけで、高音質な音楽再生や通話を可能としている。独自開発のA.P.S.S(Acoustic Pure Sound Stabilizer)を採用した振動ドライバーにより、外部振動による音質劣化を防ぎ、低音再生時の不快な振動を抑え、ワイドレンジな音を体感することができる。

画像: 耳穴を塞がず、耳珠に当てるように装着するだけで高音質な音楽再生や通話を可能にしている。

耳穴を塞がず、耳珠に当てるように装着するだけで高音質な音楽再生や通話を可能にしている。

搭載するBluetooth のバージョンは5.1で、Qualcomm社のaptX HDをはじめ、高音質のaptXやAACなど幅広いコーデックに対応しているから、より高音質で音楽や動画を楽しめる。

画像1: オーディオテクニカ ATH-CC500BT

また、intelliGo社が開発したAIノイズリダクション技術を搭載したことにより、声以外の余計なノイズはカットされるため、快適なコミュニケーションを可能にしている。さらに、耳を塞がないため、通話時は、自分の声が聞こえるため自然に会話をすることができる。

画像: 耳を塞がないから通話時でも自然な会話が可能。

耳を塞がないから通話時でも自然な会話が可能。

本体の重さは、わずか35gと超軽量だから、長時間の装着でも疲れにくく、自然な装着感を実現している。肌触りのいいシリコン素材と、イヤハンガーとバックバンドには、しなやかで軽量なチタニウムを使用したバンドを採用。圧迫感や蒸れることがなく、耳に掛けるだけで自然にフィットするから、耳が痛くなることもなく、快適な使用が可能だ。

画像2: オーディオテクニカ ATH-CC500BT

2台のBluetooth機器に同時接続できるマルチポイントに対応しているから、タブレットで動画を観ている時にスマホに着信があっても、接続し直すことなく即座に対応できる。

画像: 2台のデバイスと同時接続できるマルチポイントにも対応している。

2台のデバイスと同時接続できるマルチポイントにも対応している。

専用アプリ「Connect」を使えば、「Original」「Bass Boost」「Clea Voice」の3つのプリセットされたイコライザーから好みや気分に合わせて聴きたい音質を選ぶことができる。また、ヘッドホンをなくしてしまった時でも、製品を探す設定があるから、アプリから探し出すことも可能だ。

画像: 専用アプリ「Connect」を使えば気分に合わせて聴きたい音質を選べる。

専用アプリ「Connect」を使えば気分に合わせて聴きたい音質を選べる。

バッテリー駆動時間は、フル充電時(約2時間)で約20時間の連続再生を可能にしている。急速充電にも対応しており、約10分間の充電でおよそ120分程度の連続再生ができる。充電には、付属のUSB Type-C-USB Type-Aのケーブルを使用して、PCや市販のUSBアダプターなどに繋げば行える。

画像3: オーディオテクニカ ATH-CC500BT

本体の重さは、約35g。IPX4相当の防滴仕様で、DC3.7Vリチウムイオン電池を内蔵する。約2時間で充電満充電となり、使用可能時間は、連続通話(音楽再生時)で、最大20時間。通話ノイズキャンセリングONの状態で、最大5時間、通話ノイズキャンセリングOFFの情愛で最大約10時間となっている。本体カラーは、ブラックとベージュの2色を用意している。

◆オーディオテクニカ:「ATH-CC500BT」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.