スピーカーもアンプもバイワイヤリングに対応しているなら、完全なバイワイヤリング接続がおすすめ。ツイーターとウーハーを別のアンプで駆動できて理想的だ。バイワイヤリング端子にシングルでつなぐ場合は高域側・低域側どちらに接続するかが悩みどころだ。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

[別記事:【スピーカー】シングルワイヤリングとバイワイヤリングの違いは?→

バイワイヤリング端子につなぐときはどうやってつなぐのがおすすめ?

やはりおすすめは、完全なバイワイヤリング接続。

スピーカーもアンプもバイワイヤリングに対応しているなら、スピーカーの上下の端子をつないでいるジャンパーを外し、2本のスピーカーケーブルを用いて接続すれば、ツイーターとウーハーを別のアンプで駆動できて理想的だ。

バイワイヤリング端子にシングルワイヤリング(1本のケーブル)でつなぐ場合は、ジャンパーを使うが、ケーブルを高域側に接続するか、低域側に接続するかが悩みどころ。ここはケースバイケースなので、聴感で判断しよう。

画像: 上側につなぐか、下側につなぐかで音質が変わるので、実際に試してみよう。

上側につなぐか、下側につなぐかで音質が変わるので、実際に試してみよう。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【スピーカーのトレンド】最近は全部入りの「アクティブスピーカー」が人気!今注目のスピーカー4選→



This article is a sponsored article by
''.