レコードプレーヤーのメーカーによって、それぞれどんな持ち味があるのか。人気7ブランド「オーディオテクニカ」「ティアック」「テクニクス」「デノン」「プロジェクト」「ヤマハ」「レガ」をピックアップして、特徴やラインアップなどを見ていこう。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

[別記事:【レコードプレーヤーのセッティングと操作】林正儀がおすすめする「アナログ」の楽しみ方→
[別記事:【レコード盤の扱い方】プレーヤーにセットするだけではない!再生前の作法・正しい保管方法→

オーディオテクニカ

自社製カートリッジを搭載した製品をラインアップ

1962年の創業以来、フォノカートリッジを作り続けてきたオーディオテクニカ。1967年には独自のVM型カートリッジを開発するなど、アナログにゆかりのあるブランドだ。近年は、ベルトドライブ方式のレコードプレーヤーにも注力している。

最上位のAT-LP7、カジュアルなAT-LP60Xなどのラインアップがあり、自社製カートリッジを搭載。今注目なのが厚手のベースシャーシを採用したエントリーモデル、AT-LPW50BTだ。人気のVM型、VM95Eにフィノイコライザーを搭載してセッティングも簡単。初心者に優しいモデルだ。

画像: AT-LPW50BT RW

AT-LPW50BT RW

ティアック

エントリークラスをメインに、20万円クラスまでカバー

ティアックは、プロ用録音機などを広く手がける総合オーディオメーカー。レコードプレーヤーは比較的最近の参入で、ベルトドライブ方式とダイレクトドライブ方式を使い分けている。エントリーをメインに、ハイファイリスナー向けの20万円クラスまでカバーしている。

TN-4D-SEはスタイリッシュなダイレクトドライブ方式で、サエクとコラボしたアームを備えた意欲作だ。TN-400BT-SEはBTトランスミッター内蔵のベルトドライブ方式。同じくTN-5BBはXLRバランス出力を搭載した高級仕様だ。重厚かつモダンなデザインが所有欲をそそる。

画像: TN-5BB

TN-5BB

テクニクス

ダイレクトドライブ方式を得意とし、DJ用など製品も多彩

テクニクスは、パナソニックのオーディオブランドだ。2014年に復活。アナログプレーヤーでは独自のダイレクトドライブ方式を得意とし、DJ用プレーヤーのSL-1200シリーズが先行して登場。シリーズ発売50周年記念限定のカラーバージョン、SL-1200M7Lなど、さまざまなバリエーションがある。

最高峰のSL-1000RとアームレスのSP-10Rは、マニア間で人気が沸騰。往年の熟練エンジニアも開発に加わるほどの力の入れようだ。ハイファイエントリー機としては、シンプルな仕様のSL-1500Cの人気が高い。

画像: SL-1200M7L

SL-1200M7L

デノン

110年の歴史を持つブランドで、DP-500Mがロングセラー

アナログ全盛時代から長く人気を博しているのが、110年の歴史を持つデノン。放送局用の大型ターンテーブルや、その流れをくむ高級機を歴代手がけており、テクニクスと並ぶダイレクトドライブの両横綱だ。

製品は、DP-500Mがロングセラー(DP-1300MKⅡは生産完了)。カートリッジでは、110周年記念のDL-A110が話題になった。中堅プレーヤーにはDP-400/450USBがあり、これは往時の設計思想に回帰したデザインシリーズで、S字型アームをOBの協力で開発。フォノイコやUSBメモリー録音機能(450USB)を搭載する。

画像: DP-500M

DP-500M

プロジェクト

CD全盛期の1990年に、あえてアナログに参入した

音楽の都、ウイーン生まれ。CD全盛期の1990年に、あえてアナログに参入したブランドだ。

12インチのロングアームと10キロ超のアルミ合金プラッターを持つXTENSION12RSを頂点に、一貫してベルトドライブ方式による高い音楽性を追求。XTENSION9TAは、9インチショートアームタイプだ。コンパクトにまとめられた、取り回しやすい筐体も魅力。

X2シリーズと弟分のX1は、オシャレなマット仕上げ(3色)で、MM型カートリッジがプリマウントされている。さらに、CLASIC EVOなどラインアップも豊富だ。

画像: X2

X2

ヤマハ

往年の名機の思想を受け継ぐGT-5000が愛好家に人気

ヤマハといえば、往年の名機、GT-2000だろう。その「GT思想」を現在に受け継ぐのがGT-5000だ。

「フラッグシップHiFi5000シリーズ」の一員で、14.3キロの巨大な木質系キャビネットに、二重構造の大径プラッターを装備したベルトドライブ方式。カーボンパイプのピュアストレート・トーンアームとXLRバランス出力の装備が、アナログ愛好家の間で話題だ。

そのほかは、ベルト駆動の入門クラスで、ネットワークターンテーブルのMusicCast VINYL 500と、シンプルなフォノイコ内蔵型のTT-S303がある。

画像: GT-5000

GT-5000

レガ

Planarシリーズで知られる、英国の老舗ブランド

45年の歴史を持つ、英国の老舗ブランドだ。ターンテーブルの生産、開発を続けてきた数少ないメーカーで、ダイナミックバランス型のトーンアームからカートリッジまでメイドインUKにこだわっている。

Planar10はシリーズの最高峰で、スケルトンデザインをさらに進化。プラッターはセラミックだ。高性能な別電源とカスタムモーター/ベルトで、スムーズな回転を得ている。MC型のApheta3カートッジを搭載した贅沢な仕様だ。

そのノウハウをPlanar8、同6など、下位モデルに展開している。Planar1 mk2は、レガの入門モデルだ。

画像: Planar1 mk2

Planar1 mk2

■解説/林正儀(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.