オーディオ大国の英国には、世界的に傑出したスピーカーメーカーが蝟集しているが、その代表がKEF。そして、その最大の果実が独自の同軸ユニット「Uni-Q」で、広い周波数特性と、乱れのない音場特性などの美点を実現している。KEFの最新同軸スピーカー、LS50 Metaの素晴らしさを愛でるシステムだ。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

[別記事:【麻倉怜士推奨】おすすめコンポ6セットはコレ!スピーカー中心でセレクト→

スピーカー 
KEF「LS50 Meta」

画像: スピーカー KEF「LS50 Meta」

イギリス
実売価格例:17万6000円(ペア)
●幅200㎜×高さ302㎜×奥行き280.5㎜
●7.8㎏(1本)

新技術「MAT」(高効率吸音)による、KEF創立60周年を飾るにふさわしいスピーカーだ。25ミリ・ドーム型ツイーター+130ミリ・アルミニウムコーン型ウーハーのUni-Q同軸を搭載する。

CDプレーヤー
マランツ「CD60」

画像: CDプレーヤー マランツ「CD60」

日本
実売価格例:10万4500円
●幅442㎜×高さ129㎜×奥行き396㎜
●8.0㎏

ネットワークやUSB DAC機能を持たないピュアなCDプレーヤー。同社アンプのMODEL 30シリーズと同じクラシカルデザインは、今後のマランツの基本トーンだ。

プリメインアンプ
デノン「PMA-1700NE」

画像: プリメインアンプ デノン「PMA-1700NE」

日本
実売価格例:20万7900円
●幅434㎜×高さ135㎜×奥行き410㎜
●17.6㎏

デノン創立110周年記念モデル、PMA-A110の技術、ノウハウ、部品を多数投入。11.2MヘルツDSD、384kヘルツ/32ビットPCM対応USB DACを内蔵している。

組み合わせ価格:48万8400円

KEFの最新傑作同軸スピーカーの優秀音場を聴け!

高音質スピーカーの泰斗、KEFの最新同軸スピーカー、LS50 Metaの素晴らしさを愛でるシステムだ。オーディオ大国の英国には、世界的に傑出したスピーカーメーカーが蝟集しているが、その代表がKEF。そして、その最大の果実が独自の同軸ユニット「Uni-Q」で、広い周波数特性と、乱れのない音場特性などの美点を実現している。

初代のLS50は、Uni-Qを搭載し、デザイン性と音質を高い次元で満たすとの評判を得て、スタンダードモデルとなった。今回のLS50 Metaはその第2世代。ツイーターの背面から発する不要な音を吸収するMAT(Metamaterial Absorption Technology)という小さな吸音デバイスにちなんだネーミングだ。MATは、迷路のような構造で、共振作用で高効率に音を吸う。吸音はしたいが、音もよくしたいという二律背反をブレークスルーした。

CDプレーヤーは、マランツの最新鋭、CD60。この時代に、ネットワーク機能も付けずに、ディスク再生だけにこだわる潔癖さがいい。同社アンプのMODEL 30シリーズで導入したクラシカルデザインが採用され、価格を超えた高級感を醸し出す。上位機種のSACD 30nから、多数の部品、回路、ノウハウが援用されている。

プリメインアンプはデノンの新製品、PMA-1700NE。同社創立110周年記念モデルPMA-A110の技術を大胆に継承。コンデンサーや抵抗などのパーツのほとんどを共通化し、前モデルに比べて音質を大幅に向上させている。

この組み合わせで聴くLS50 Metaのサウンドは素敵。低域の面積が大きく、ピラミッド的な安定した周波数特性だ。高域に少しメタリックな質感が感じられるのが、色っぽくオシャレ。ボーカルの響きが上質で、ピアノの音も心地いい。

音の解像度的には、ややスイートなところもあるが、音楽的なまとまり感と音の厚み、そして緻密さはさすが。音質と音場描写の二つを高次元で両立させている。LS50との比較では、中高域の再現性とボーカルのフォーカス感がよりクリアになったのが進歩だ。

■解説/麻倉怜士(デジタル・メディア評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.