なんと50ヵ国語以上に対応!

日本を訪れる外国人観光客は激増しており、接客業ならずとも、外国人とコミュニケーションを取る必要に迫られる場面は増えているはずだ。そこに立ちはだかっているのは、言葉の問題である。

多くの日本人は外国語が不得手だし、外国人に日本語を覚えてもらうのは、それ以上に困難。そこで、音声翻訳機の出番となる。

日本語でしゃべると外国語に翻訳され、音声で出力。または、その逆も可能だ。

音声翻訳なら、スマホで「Google翻訳」などを利用している人も多いだろう。しかし、この場合、アプリを起動する手間や、個人情報が入ったスマホを相手に渡さなければならない不安、電池や通信データの消費といった、いろいろな不満が出てくる。これらをすべて解消できるのが、音声翻訳に特化した超小型翻訳機「ポケトーク」だ。

ソースネクスト
ポケトーク
実売価格例:3万2180円(専用SIM同梱モデル)

画像: 円形のカラーパネルには、翻訳対象となる言語の国旗を表示。パネル下部のカーソルキーは、タッチパネルになっている。本体サイズ/重量は、幅60ミリ×高さ110ミリ×奥行き16ミリ/90グラム。

円形のカラーパネルには、翻訳対象となる言語の国旗を表示。パネル下部のカーソルキーは、タッチパネルになっている。本体サイズ/重量は、幅60ミリ×高さ110ミリ×奥行き16ミリ/90グラム。

手のひらに収まるほどのコンパクトサイズで、50ヵ国以上の相互翻訳に対応。最初に2ヵ国(例えば日本語と英語や、日本語と中国語など)を設定すると、本体のカラーパネルに、両国の国旗が表示される。

日本語と英語の場合、日の丸側の「<」「>」ボタンを押して、日本語で「こんにちは」と話しかけると、本体のスピーカーから「Hello」と音声が出力される。パネルにも「Hello」と表示されるので、音声を聞き逃しても、パネルを見せればコミュニケーションは成立する。英語を翻訳する場合は、星条旗側の「<」「>」ボタンを押せばいい。

手のひらに収まるサイズでバッテリーのもちも良好

コンパクトなサイズで、内蔵バッテリーのもちもいい。クラウド上の翻訳エンジンは、日英なら「Google」、日中なら「バイドゥ」と、最適なものが自動的に使い分けされる。

本機の音声認識/翻訳はクラウドで行われているため、インターネットへの接続が必要だ。

本体にはSIMカードスロットが装備されており、SIMを装着すればWi-Fiが使えない環境でも利用できる(SIMカード同梱モデルも用意)。同梱のSIMは購入から2年間は無料で使え、その後は更新料を支払うことで継続利用できる。

言語ごとに翻訳エンジンを使い分けるようになっているため、精度は良好で、かなり長い会話でも的確に翻訳する。

内蔵バッテリーをフル充電すれば待機5日間、連続翻訳6時間の利用が可能。国内での接客も海外旅行も、これ一台で乗り越えられそうだ。

混雑する店内で、スマホを使ってのコミュニケーションは操作の手間などが煩わしい。その点、ポケトークなら、ボタンを押すだけの操作で、本体の受け渡しにも気を遣わずに済む。

解説/福多利夫(フリーライター)

※表示の価格は、記事制作時のものです(税込み)。

This article is a sponsored article by
''.