つぶやくだけでなく「ツイッター」は情報収集にも役立つ!

最大140文字の “つぶやき”を投稿し、ほかのユーザーと意見を交換したり、情報を共有したりできる「ツイッター」。

本名でも匿名でも利用でき、すべての投稿を公開したり、フォロワー(自分の投稿を見にくるユーザーで、承認制にすることも可能)にしか読めないようにしたりと、臨機応変に使えるのが利点だ。

ツイッターのユーザーの中には複数のアカウントを作成して、使い分けている人が少なくない。

例えば、メインのアカウントでは、自分の本名やニックネームなどを設定して、友人・知人とのコミュニケーションに活用。サブのアカウントは匿名性のある名前にして、自分が興味のある人をフォローし、情報収集に特化するといった使い方もできる。

一つのアプリで複数のアカウントを切り替えて使えるのも、ツイッターの利点だ。ただし、アカウントごとにメールアドレスが必要となる。

ツイッター
提供元:Twitter, Inc.

フォローしている人のつぶやきが次々表示される

フォローしたいユーザーのプロフィールページを表示し、「フォローする」をタップすると、フォローできる。画面はiPhone。

自分のプロフィールも、職業や趣味、興味のあることなどをしっかり記載しておくと、フォローされやすくなる。画面はAndroid。

ツイッターを情報収集に使うには、検索機能を使うと便利だ。虫眼鏡のアイコンをタップして「検索」画面を開くと、「おすすめトレンド」が表示される。

リアルタイムで多くの人が関心を持っている出来事などがわかり、それをタップすると、いろいろな人が考えていることもわかる仕組みだ。

もちろん、任意のキーワードを入力して、人々の評判をチェックしたりすることもできる。

そのときに活用したいのがハッシュタグ(#)だ。

ハッシュタグは「#特選街」のように、キーワードを添えて投稿すると、同じハッシュタグがあるツイートを一覧できる仕組みになっており、盛り上がっている話題がよくわかる。

もう一つ活用したいのが、「リスト」。指定した人のツイートだけをまとめて閲覧できる機能なのだが、フォローする人が増えてきたら、必ずチェックしたい人をリストにまとめておくと便利だ。

「おすすめトレンド」など情報収集に便利な機能が満載!

虫眼鏡のアイコンをタップすると、そのときにツイッター上で話題になっていることがわかる。画面はiPhone。

「#StarWars」で検索した結果。もちろん海外の話題もチェックできる。なお、英字は280文字まで投稿可能。画面はAndroid。

写真や動画を添えて投稿でき、投稿する直前に画像編集も行える。このように人の顔を隠すことも可能。画面はiPhone。

Android版のツイート画面。機能はiPhone版と同じで、フォロワーに投票を求めるツイートもできる。

「インスタ」は文章が苦手でも気軽に投稿でき、見るだけでも楽しい!

「インスタ映え」という言葉が新語・流行語大賞に選ばれるほど、2017年に絶大な人気を集めたのが「インスタグラム」だ。

写真共有を目的とするSNSで、文章を書くのが苦手な人でも気軽に楽しめるのが魅力である。

ほかのSNSと同様に、利用にはアカウントを取得してログインする必要があるが、フェイスブック傘下の企業なので、フェイスブックユーザーであれば、そのアカウントで認証して、すぐに始められる.

なお、インスタグラムは本名でやってる著名人やアーティストが多いのだが、個人で楽しむぶんには自分で決めたニックネームでもいいし、プロフィール画像も自由に設定できる。

愛犬の写真だけを投稿したり、趣味で作っている工芸品の写真を投稿するなど、テーマを決めて投稿する人も多い。1日1投稿と決めて、写真日記のように楽しんでいるユーザーもいる。

また、インスタグラムのユーザーの中には、自らは投稿せずに、ほかの人が投稿した写真だけを見ている人も多い。

インスタグラム
提供元:Instagram, Inc.

投稿は「いいね!」やコメント入力でコミュニケーション

アプリのプロフィール画面。下の「+」から通常の投稿、右上のアイコンでストーリーズを投稿可能。画面はiPhone。

写真をダブルタップ、またはハート印をタップすると「いいね!」。吹き出しをタップすると、コメントが書ける。画面はAndroid。

流行に敏感なユーザーが多いインスタグラムは、今はやっている情報を入手する際にも重宝する。

例えば、旅行の計画を立てているときに、地名で検索すると、すでにそこを訪れた人の写真を見ることができ、多くの人が食べている名物料理を見つけて、その店の所在地を調べたりもできる。

検索には、ハッシュタグ(#)またはスポット(撮影地の位置情報)を用いる。

新しい機能として、人気を集めているのが「ストーリーズ」。

動画にテキストなどを添えて投稿できる機能で、リアルタイムや直近の出来事を動画で共有できる仕組みだ。

ストーリーズは再生して見てくれた人(アカウント)がわかり、24時間で自動削除されるのも特徴。今後さらに普及していきそうだ。

画像を加工して投稿するのも簡単!

投稿する写真を選んだ後、フィルターを選択したり、明るさやコントラストを調整したりなどの画像編集を行える。画面はiPhone。

画像編集機能はiPhone版もAndroid版も共通。複数枚をコラージュして投稿することも可能。画面はAndroid。

「#家電」で検索した結果。新しい家電を買って使ってみた人の投稿もあるので、購入前の参考になるだろう。画面はiPhone。

「#京都」で検索した結果。最新の人気スポットがわかり、その季節ならではの旬な情報を入手できるのが魅力。画面はAndroid。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.