解像度はフルHDの16倍! 圧倒的な臨場感を実現

大手テレビメーカーから4K仕様の有機ELテレビが続々と登場する中、有機ELテレビを発売しないシャープが、家庭用としては世界初となる8K仕様の液晶テレビ、LC-70X500を発売している。「次世代は8K液晶」という同社の明確なメッセージが示された。

画面サイズは、すでに同社から発表されていた業務用8Kモニターと同じ70V型。このモニターの市場想定価格が約800万円なのに対し、本機は約100万円だ。

これは約25年前、その安さで話題となったハイビジョンテレビ(簡易型MUSEデコーダー内蔵)の36C-SE1とほぼ同価格であり、まさに8K液晶に賭ける同社の意欲の表れと見ていいだろう。

シャープ
LC-70X500
実売価格例:106万9200円

画像: 台湾・鴻海精密工業と共同出資する液晶パネル製造会社、堺ディスプレイプロダクトで開発、生産された70V型の8K液晶パネルを搭載。

台湾・鴻海精密工業と共同出資する液晶パネル製造会社、堺ディスプレイプロダクトで開発、生産された70V型の8K液晶パネルを搭載。

8Kのねらいは、今年12月、BSで始まるNHKによる8K実用放送にあることは明らかだが、残念ながら対応チューナーは非搭載。同チューナーは開発中で、HDMIケーブル4本の接続で、8K実用放送が視聴可能となるという。

なお、現行放送用チューナーは、地デジ/BS/110度CSデジタル用を3基装備しており、外付けHDDによる2番組同時録画もサポートしている。

スピーカーはフルレンジユニットにサブウーハーを加えた2.1チャンネル構成。サイズ、重量は、幅156.4センチ×高さ96.7センチ×奥行き37.5センチ、約45.0キロ(いずれもスタンド部含む)。

2Kや4K映像は8Kにアップコンバートして表示

画像: 解像度はフルHDの16倍にもなる。2K、4K素材を8Kとして表示する高精細のアップコンバート技術も搭載。

解像度はフルHDの16倍にもなる。2K、4K素材を8Kとして表示する高精細のアップコンバート技術も搭載。

液晶は、倍速駆動ではないが、LEDをパネル直下に配置したVAタイプで、HDRに対応。ピーク輝度は1000カンデラ前後に達していると思われる。

画像エンジンは、鮮やかな色再現を約束する「リッチカラーテクノロジープロ」や、輝きを復元する「メガコントラスト」など、これまで培ってきた技術を発展させ、フルHDや4K放送を8Kにアップコンバートして表示する。

広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載

画像: 広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」や、輝きを復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」など、4Kアクオスで実績のある技術を踏襲する。

広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」や、輝きを復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」など、4Kアクオスで実績のある技術を踏襲する。

実際に8K映像を見て感じることは、また一歩、現実の世界に大きく近づいたということだ。

まさに目の前の窓の中に、本物の風景、景色が広がっている感覚で、思わず手を伸ばしたくなるほどのリアリティである。

「8Kワールド」への期待は、とても大きい。

解説/藤原陽祐(AV評論家)

※表示の価格は、記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.