「ドローン」とは無人航空機の総称で、空撮に使われることが多い。法規制対象外となる200グラム未満のトイドローンから、大型の産業用までさまざまな製品があるが、民生用でトップシェアを誇るのがDJIだ。障害物を自動的に避けるビジョンシステムやジンバル機構など、実に精度が高い。今回は同社の最新モデルMavic Airを使って、ドローン撮影をレポートしよう。

DJI Mavic Air
実売価格例:10万4000円

画像: 上位機種のMavic Pro同様、3軸タイプのジンバルを採用。24ミリ相当レンズを搭載し、4K30p撮影に対応。

上位機種のMavic Pro同様、3軸タイプのジンバルを採用。24ミリ相当レンズを搭載し、4K30p撮影に対応。

●サイズ/幅184㎜×高さ64㎜×奥行き168㎜(展開時)●重量/430g

画像: 送信機は、「DJI GO 4」アプリをインストールしたスマホと組み合わせて使う。

送信機は、「DJI GO 4」アプリをインストールしたスマホと組み合わせて使う。

操作に慣れていなくても安定した撮影が行える!

Mavic Airは、優れたビジョンシステムにより、極めて安定した飛行が行えるモデルだ。

そのため、基本的な操作や手順をあらかじめ知っておく必要はあるが、ドローン初心者でもすぐ操作に慣れるだろう。

ドローン撮影をする際の操作のコツは、まずは、ゆっくりと動かすことである。

急な動きをすると、本機の3軸ジンバルであっても機体の挙動に対応できず、撮影した映像も見づらいものになってしまう。

また、むやみに飛ばすのではなく、どのような絵を撮るかを事前にシミュレートしてから撮影に臨むほうが、バッテリーのもち(公称21分だが、実際はその2/3程度)も考えるとおすすめ。

本機は、ジェスチャー操作で離陸することができ、自撮りも行えるなど多機能で、ドローンとしての完成度が高い。空飛ぶカメラとして、表現の幅が格段に広がるはずだ。

上位モデル並みのしっかりとした絵作りだ!

画像: 上位モデル並みのしっかりとした絵作りだ!

神奈川県・三戸浜海岸にて撮影。大型センサー並みのしっかりとした絵作りだ。

高度は約50メートル。風速は1メートル/秒と無風に近く、海岸沿いだが撮影に好適だった。コントロールスティックの動きにすなおに反応し、快適なフライトが楽しめた。

★動画が見られます

画像: MAVICAIR 20180204 1 youtu.be

MAVICAIR 20180204 1

youtu.be

どこでも持ち歩けて気軽にきれいな空撮が楽しめる!

機体は430グラムと軽量であるうえ、4本のアームは折り畳み式。さらに、送信機のコントロールスティックも着脱タイプとするなど、持ち運びを意識したモデルだ。

ドローンの中でも本機は機動性に優れるので、通常のカメラでは撮影不可能なアングルやアプローチでアウトドア撮影が楽しめること請け合いだ。

解説&写真/大浦タケシ
◆Profile/宮崎県都城市生まれ。雑誌カメラマン、デザイン企画会社を経てフォトグラファーとして独立。ドローンは一昨年から本格的に取り組むが、静止画よりも動画を撮ることが多くなっている。

※撮影は、ドローン規制の飛行禁止区域外で行っています。

This article is a sponsored article by
''.