Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

GmailはGoogleカレンダーと連係することができる。

Gmailに飛行機のフライト、レストラン、チケットが必要なイベントなどの予約確認メールが届くと、自動的にカレンダーに予定を入れてくれるのだ。

さらに、ここでは、手動でGoogleカレンダーに予定を登録する方法を紹介しよう。

手順は下記のとおり。日時の入力を調整したりなど、少しめんどうなところもあるが、別途Googleカレンダーを開いて新たに予定を作成するよりずっと手っ取り早いし、メールを見て、その場ですぐに対応できるのもありがたい。

①予定内容が入ったメールを開いて、画面上部の「その他」から「予定を作成」を選ぶ

画像1: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

②Googleカレンダーの予定作成画面が出るので、必要事項を確認して「保存」をクリック。特に日時は、そのままだとメール受信日時が登録されてしまうので訂正しよう

画像2: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

③招待状を送るかどうか聞かれるが、「送信」するとメール送信者に招待状が送られてしまうので、通常は「送信しない」のほうをクリックする

画像3: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

④Googleカレンダーに予定が入った。これをクリックすると、予定の内容を見ることができる

画像4: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

⑤予定の画面が表示された。説明の中にメール本文が入っているので、自分で書き写さなくても詳細を確認できることができて便利だ

画像5: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

⑥フライトやレストランなどの予約が自動的にGoogleカレンダーに追加されるようにするには、Googleカレンダーの「歯車」→「全般」で、「Gmailから予定を作成」にチェックを付けておく

画像6: Gmailの送受信メールからGoogleカレンダーの予定を作成する

Gmailの画面上にGoogleカレンダーを常時表示させる

GmailとGoogleカレンダーを連係させる方法を覚えたら、Gmailの画面にGoogleカレンダーを出しておこう。

「Labs」の機能を使うと、画面左下にガジェットとしてGoogleカレンダーに書き込まれた予定のリストが現れる。それをクリックすれば、詳細を確認できて便利だ。

さらに、「追加」を押せば、自動的にGoogleカレンダーの予定作成画面が開いて、新たな予定を入れることができる。

また、「オプション」でミニカレンダーを表示することも可能だ。

画像: 「歯車」→「設定」→「Labs」内の「Googleカレンダーガジェット」を有効にして、画面下部にある「変更を保存」をクリックする。

「歯車」→「設定」→「Labs」内の「Googleカレンダーガジェット」を有効にして、画面下部にある「変更を保存」をクリックする。

画像: 左下にGoogleカレンダーが現れた。緑字の予定を押すと詳細を確認できる。カレンダーが出ないときは下部の「…」をクリックすると表示される。

左下にGoogleカレンダーが現れた。緑字の予定を押すと詳細を確認できる。カレンダーが出ないときは下部の「…」をクリックすると表示される。

解説/下島 朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.