【インテルが新CPUを投入!】
コア数が増え、6コアも登場。さらにスピードアップ!

パソコンの処理速度を左右するのがほかならぬCPUだが、今、最も注目すべきは、インテルが投入した最新の「第8世代」プロセッサーだ。

CPUの種類には、大別するとデスクトップ向けとモバイル(ノート)端末向けの2種類があり、デスクトップ向けの第8世代CPUはコードネーム「Coffee Lake」、モバイル向けは「Kaby Lake R」とも呼ばれる。

例えば、一般向けデスクトップ用で第8世代の最速はCore i7-8700Kで、クロックは3.7Gヘルツ(ターボブースト時は最大4・7Gヘルツ)での動作が可能。

6コア12スレッドを備え、複数処理を行う際の速度も非常に高速だ。

一方、モバイル用の最速CPUはCore i7-8650U。

クロックは1.9Gヘルツ(ターボブースト時には4.2Gヘルツ)動作が可能なほか、4コア8スレッドを採用し、第7世代のCore i7と比べると約4割ほどの速度向上を実現している。

現状では、第7世代のCPUを採用したパソコンも多いが、処理性能を重視するなら第8世代のプロセッサーを搭載したモデルを選んだほうがいいだろう。

●インテルCPUのコア数が増加!

【丸一日、出先で使用OKに!】
バッテリー寿命がさらに長時間化し、モバイル機なら出張でも慌てない

高性能と省電力を兼ね備えた第8世代CPUの登場などにより、最新モデルではバッテリー駆動時間が向上。

例えば、LGのLG gramのバッテリー寿命は、最長27時間と実に驚異的だ。

しかも、本機に限らず、13.3型以下の最新モデルでは、10時間以上の動作時間は当たり前となっている。

今後は、出張先などでバッテリー切れに泣かされることも少なくなりそうだ。

●27時間駆動を実現!

2LG
LG gram 13Z980
実売価格例:13万3690円~

画像: 重量1キロ足らずの小型サイズながら、最長27時間という驚異的なバッテリー寿命を実現している。

重量1キロ足らずの小型サイズながら、最長27時間という驚異的なバッテリー寿命を実現している。

【Windowsアップデート】
メジャーアップデートに注意! 起動できなくなるケースもある

Windows10は、現在、年2回の頻度で大幅な(メジャー)アップデートを配信している。

適用すると、OSには大小さまざまな新機能が追加され、パソコン環境が一新されるため、場合によっては、システムに不具合が生じる可能性もある。

心配なときは、アップデートが自動適用される前に、データのバックアップを取っておこう。

●不具合が改善しないなら元に戻す方法もある

画像: 適用後10日以内なら、「設定」の「更新とセキュリティ」にある「回復」から以前の環境に戻せる。

適用後10日以内なら、「設定」の「更新とセキュリティ」にある「回復」から以前の環境に戻せる。

【最新のゲームを楽しむのに最適!】
高価な機材や複雑な設定は不要。パソコンでVRが気軽に楽しめる!

次世代コンテンツとして、期待されているVR(バーチャルリアリティ)。

ただし、楽しむには専用の機器が必要となるため、まだ一般的な認知度はそれほど高くない。

そんな現状を打破すべく、マイクロソフトでは新機能として「Windows Mixied Reality」を提供。

専用ヘッドセットとパソコンを組み合わせてMR(複合現実)コンテンツを楽しめるようになった。

聞き慣れない言葉かもしれないが、MRとはAR(拡張現実)とVRを組み合わせたコンテンツのこと。

ただし、今のところMRといってもVR止まりなので、基本的にはVRと同義と考えていい。

●デルやHPなどがヘッドセットを発売

デル 
Visor
実売価格例:5万3460円

画像: 現在の機種でWindows Mixed Realityを楽しみたいなら、上記のような外付けのMRヘッドセットがおすすめだ。

現在の機種でWindows Mixed Realityを楽しみたいなら、上記のような外付けのMRヘッドセットがおすすめだ。

現在、最も手軽にMR環境を実現できるのが、富士通パソコンセット。

スペック用件を満たしたノートパソコンに加え、ヘッドセットとコントローラーも付いてくるので、めんどうな設定なしに、すぐにMRコンテンツを満喫できる。

●MRヘッドセット付きの高性能モデル

富士通
AH-MR/B3
実売価格例:23万7030円

画像: 第8世代のCore i7プロセッサー搭載パソコンに加え、ヘッドセットとコントローラーが付属。MRデビューに最適なモデルだ。

第8世代のCore i7プロセッサー搭載パソコンに加え、ヘッドセットとコントローラーが付属。MRデビューに最適なモデルだ。

【LTE通信にも対応】
マイクロソフトが新しいPCプラットフォームを発表

マイクロソフトでは、クアルコム社のCPUを採用した新パソコンを発表。

これは「Always Connected PC」と呼ばれ、LTE通信機能を備えるほか、待機状態でも絶えずネットワークに接続し、メールや各種通知を受信できる。

さらに、バッテリー動作も待機状態なら1ヵ月、通常でも20時間と実に驚異的。

これまでの常識を覆すマシンとして注目を集めそうだ。

●Always Connected PCはパソコンの新潮流になる!?

OSには、ストアアプリのみインストール可能なWindows 10 Sを採用。日本での発売は未定だが、早期の発売が期待される。

【パソコンを音声で操作】
Amazon、Googleに続け! 富士通もAIアシスタントを発表

話題のAIアシスタントだが、AmazonやGoogleなど、目立つのは海外勢ばかり。

そんな中、国内メーカーの富士通がAIアシスタント「ふくまろ」を発表。

利用できるのは同社の最新モデルに限られるが、音声でパソコンをコントロールして、音楽を流したり、写真を表示したりできる。

さらに、別売アクセサリーの「IRコマンダー」を使えば、家電のリモート操作も可能だ。

●かわいい「ふくまろ」がPCライフをアシストしてくれる

画像: 留守番機能を使えば、外出先から自宅の様子をカメラで撮影させてスマホに送信することも可能だ。

留守番機能を使えば、外出先から自宅の様子をカメラで撮影させてスマホに送信することも可能だ。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.