いい写真を撮るには、魅力的な被写体や優れた撮影機材も必要だが、そこにテクニックが伴わないと残念な結果になる。「構図」「ピント」「露出」という3大要素をしっかりと押さえて、写真の出来栄えをアップさせよう!

第1回は、「構図」がテーマだ。

構図の基本

何を撮りたいのか? どう表現したいのか? それらを明確する重要な要素が「構図」である。

同じ被写体でも、構図のよしあしによって、被写体の魅力や撮影テーマの伝わり具合が大きく変わってくる。

大切なのは、構図に被写体を当てはめるのではなく、被写体やテーマに合った構図を見つけることだ。

日の丸構図

画像: 画面の中央に被写体を置くのが「日の丸構図」。

画面の中央に被写体を置くのが「日の丸構図」。

三分割構図

画像: 画面を三等分する縦線・横線の交点に被写体を置くのが「三分割構図」。

画面を三等分する縦線・横線の交点に被写体を置くのが「三分割構図」。

メインの被写体と背景との関係や、空間の使い方を考えよう!

「構図」と聞くと、「多くの法則やパターンを覚えて当てはめる」といった難しいイメージがあるかもしれない。

だが、本当に重要なのは、被写体をよりよく見せるための基本的な考え方だ。

基本を意識すれば、自ずと構図力は上がる。

Point1 画面構成と背景選び

▶画面上に表示される格子線や水準器を活用して構成を決めよう

「背景の選択」と「画面内の被写体の位置」。この2点で写真の出来栄えや雰囲気は変わるものだ。

背景の選択は、カメラポジションの変更で行おう。

被写体が映えるシンプルな背景がベストだ。

被写体位置などの画面構成を決める際は、画面上に表示される格子線や水準器が役立つだろう。

格子線によるマス目や交点を目安に被写体位置を決めたり、水準器で不用意な画面の傾きを防いだりしたい。

画像: 多くのカメラでは、画面表示の設定により、ファインダーやモニター上に格子線の表示が可能。水準器の表示が可能なカメラもある。

多くのカメラでは、画面表示の設定により、ファインダーやモニター上に格子線の表示が可能。水準器の表示が可能なカメラもある。

Point2 横画面か、縦画面か

▶印象も異なるので、被写体の形状や写す範囲に応じて、適切に選びたい

カメラを普通に構えて撮影すると、横画面(横長の画面)になる。だから、構図を意識しないで撮ると、必然的に横画面の写真が多くなりがちだ。

結果として、被写体が小さめに写ったり、被写体よりも背景が目立つ写真になったりするわけだ。

だから、被写体の形状や写す範囲に応じて、横画面と縦画面を適切に選ぶ必要がある。

横画面と縦画面とでは、印象もまったく異なるので、そこにも着目したい。

画像: 横画面では、左右に背景が写り込み、広さが感じられる。一方、縦画面は高さや奥行きの印象が強くなる。樹木や建物は縦画面のほうが収まりがよく、被写体や空の高さなども表現できる。

横画面では、左右に背景が写り込み、広さが感じられる。一方、縦画面は高さや奥行きの印象が強くなる。樹木や建物は縦画面のほうが収まりがよく、被写体や空の高さなども表現できる。

Point3 撮りたい物を大きく写す

▶できるだけ被写体に接近して、ズームレンズの望遠側などでねらう

印象の薄い写真の原因としては、画面内で被写体が小さく写っているという場合が多い。

その結果、被写体よりも周囲に写り込む物のほうが目立ってしまうわけだ。

だから、細かい構図のよしあしを考える前に、〝被写体を大きく写す〟という単純なアプローチを心掛けたい。

まずは、できるだけ被写体に接近すること。

そして、ズームレンズの望遠側などで、画面内に大きくとらえよう。

画像: 祭りの風情を感じさせる提灯。それがよく見える位置まで移動し、高倍率ズームの望遠端(300ミリ相当)で大きく写した。

祭りの風情を感じさせる提灯。それがよく見える位置まで移動し、高倍率ズームの望遠端(300ミリ相当)で大きく写した。

解説/吉森信哉 (フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.