スマートフォンでラジオが聴ける「radiko」は有名だが、このほかにもユニークなラジオサービス(アプリ)がいくつかあるのをご存じだろうか。そのいくつかを、ここで紹介しよう。

無料で遠隔地のFM局が聴け、ポッドキャストも楽しめるアプリ

人気のラジオサービス「radiko」には、全国各地の民放局が参加しているが、無料で聴けるのは端末を使っている地域の地元放送のみで、遠隔地の番組を聴くには有料のプレミアム会員に登録する必要がある。

その点「WIZ RADIO」は、聴取場所にかかわらず全国のFM局番組が無料で楽しめる。参加局は、TOKYO FMやKiss FM KOBE、FM沖縄など全国39局。すべての局というわけではないが、リアルタイムで聴くことができる。

WIZ RADIO
無料(iPhone/Android)

視聴地域にかかわらず、全国39局のFMラジオ局番組を無料で楽しめるアプリ。一部の番組はオンデマンドで聴き直しも可能。

さらに、番組中で流された楽曲を、アプリ内で簡単に試聴できる機能があるのも便利。「レコチョク」との連係機能があるので、気に入ったらすぐに買うことも可能だ。一部の番組は、放送後もポッドキャストとして聴き直せる。

また、放送対象地域が狭いため、エリア内でないとラジオでの受信が難しいコミュニティFMも、「リスラジ」アプリで楽しめる。北海道から沖縄まで、街単位でたくさんの局が参加しているので、ローカルな雰囲気を楽しんでみよう。

Listen Radio(リスラジ)
無料(iPhone/Android)

市町村単位の狭い地域でしか聴けないコミュニティFM局の放送を、全国で楽しめるアプリ。番組表も使える。

ラジオ局がネット向けに用意した独自のコンテンツが聴ける!

「radiko」などのサービスは、放送番組と同じ内容をそのまま楽しめることが特徴だが、「TBSラジオクラウド」はちょっとタイプが異なる。ラジオ局を中心としたコンテンツ配信元が、ネット向けに用意した独自の番組を聴いて楽しめるサービスなのだ。

そのため、番組そのままのコンテンツもあれば、ダイジェスト版的な内容、さらに新規コンテンツも用意されている。参加している配信元も、今のところはラジオ局が多いが、テレビ局や新聞社なども含まれている。利用は、パソコンならウエブブラウザーから、スマホなら「ラジオクラウド」アプリから行う。無料だが、ユーザー登録が必要。

番組は、その場でストリーミング再生するだけでなく、アプリではダウンロードして端末に保存することも可能。屋外でデータ通信を行いたくないときでも、あらかじめダウンロードしておけば通信量を節約できる。配信期間が終了した番組も、ダウンロードしておけば、いつでも繰り返し聴くことが可能だ。

ラジオクラウド
無料(iPhone/Android)

TBSラジオを中心に全国のラジオ局がさまざまな番組を配信。「BS12トゥエルビ」や「朝日新聞」などラジオ局以外のコンテンツもある。

各番組はストリーミングで再生するだけでなく、アプリ版なら端末へダウンロードして保存することもできる。アプリ版は、再生速度の調整なども可能だ。

解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.