新4K/8K放送の本放送開始を12月に控え、いよいよ4Kチューナーが登場し始めた。本体に内蔵するモデルも一部あるが、外付けタイプが主流だ。そんな中、4Kテレビの注目度もますます高まることは間違いない。今回は、今買って損をしない4Kテレビのベスト10を専門家に選んでもらった。

12月の放送開始に向け4Kチューナーが登場

ここ数年、家庭用テレビの大画面化が進み、これに連動するかのように4Kテレビが売り上げを伸ばしている。製品の選択肢が増え、割安感が出てきたこと、ネット動画、あるいはUHD BDなどの4Kコンテンツが増えてきたこと、そして、BS/CSによる4K8K放送(正式名称は新4K8K衛星放送)の開始(今年の12月1日)が近づいていることなど、4Kテレビを選ぶことの必然性が高まっているのである。

本放送の開始まで3ヵ月を切った4K8K放送。アンテナ環境が整っていれば、現行の4Kテレビに専用チューナーを加えることで受信が可能だ(8K放送は除く)。現段階で、テレビに4Kチューナーを内蔵しているのは、東芝と三菱の一部機種のみ。ただ、シャープ、パナソニック、ソニーも、本放送開始前には専用チューナーを発売し、内蔵機に近い使い勝手を実現する予定だ。

低価格化が進んでいる有機ELテレビも要チェック。これは、自ら発光する有機物質を画素単位で制御して画像を描き出す方式で、コントラスト比(黒が沈む)、応答速度、そして視野角と、総合的な表現力で液晶を凌駕する。特に、照明を抑えた環境で、映画をじっくり楽しみたい人におすすめだ。

テレビの本質は画質にあることは間違いないが、購入の際には内蔵スピーカーの音質、ネット動画対応、録画対応などの各種機能についても慎重に吟味しておく必要がある。

音質については、スピーカーのサイズや能力を抑えた4Kテレビが大半を占めており、あまり期待はできない。だが最近は、省スペース、スマートさを維持しながら、スピーカー部を強化し、音のよさをアピールするモデルも登場している。

また、録画対応は、もはやテレビの常識だが、レコーダー代わりに使いたいならダブル録画が可能な3チューナー(地デジ/BS/CS用)は必須。そして、ネット動画サービスへの対応もメーカー、機種によって異なることも覚えておこう。最近は、機能を絞って低価格化した4Kテレビも珍しくないので注意したい。

第1位

東芝
55X920
実売価格例:43万1870円

新4K放送用チューナーを他社に先駆けて内蔵

画像: ●サイズ/幅122.6㎝×高さ72.2㎝×奥行き25.1㎝●重量/37.5kg

●サイズ/幅122.6㎝×高さ72.2㎝×奥行き25.1㎝●重量/37.5kg

12月1日から開始予定の新4K8K衛星放送用チューナー(8Kには非対応)を他社に先駆けて搭載。ホワイトバランス、経年変化を改善した最新の有機ELパネルと、階調性、ノイズ処理が強化されたレグザエンジンEvolution PROの組み合わせで、実に堂々とした深みのある映像を描き出す。

さらに、よりきめ細かな超解像処理を行う、地デジビューティX PROを新搭載。水平方向の画素数が1440に制限される地デジ、BS/CS放送についても、アップコンバート処理の癖っぽさをほとんど感じさせない緻密な描写が満喫できる。

ここがイチ推し!

新4K放送用チューナーを内蔵した唯一の有機ELテレビ。現行の地デジ、BS/CS放送の画質は間違いなくベスト1。

第2位

パナソニック
TH-55FZ950
実売価格例:34万5470円

淀みのない、鮮やかな発色で映し出す

画像: ●サイズ/幅122.8㎝×高さ77.4㎝×奥行き30㎝●重量/27.5kg

●サイズ/幅122.8㎝×高さ77.4㎝×奥行き30㎝●重量/27.5kg

有機ELに特化した映像エンジン、ヘキサクロマドライブPLUSを搭載したパナソニックの意欲作だ。この技術は、同社がプラズマテレビの開発で培った色再現技術を発展させたもので、有機ELパネルの持ち味をより積極的に引き出す。

具体的には、リニアな輝度表現に忠実な色調を安定して描き出すというもので、明るさにかかわらず、不自然な色ズレ、歪みを抑え込む。実際、暗部から中間調、そしてハイライトにかけて、淀みのない、鮮やかな発色で映し出す。総じてノイズの粒子が細かく、S/N感に優れたテレビで、暗部の色づきがいい。

ここがイチ推し!

音質重視なら独立スピーカーを備えた55EZ1000もいいが、画質の差はない。内容からすると、本機に割安感がある。

第3位

LG
OLED55C8P
実売価格例:30万2270円

すっきりとした見通しのいい映像が楽しめる

画像: ●サイズ/幅122.8㎝×高さ75.7㎝×奥行き23㎝●重量/19.1kg

●サイズ/幅122.8㎝×高さ75.7㎝×奥行き23㎝●重量/19.1kg

従来、地デジ視聴時に、輪郭でざわつくモスキートノイズや、暗部階調が階段状に見えるノイズなど、日本メーカーに対してS/N面でやや後れを取っていたLGだが、新開発のα9プロセッサーにより、今年の春モデルではそうした不安をほぼ払拭した。2K/4K変換は、最先端を行く東芝機に比べるとやや見劣りするが、輪郭の滑らかさ、色再現の安定感といった部分にも磨きがかかり、実にすっきりとした見通しのいい映像が楽しめるようになった。他社を圧倒するラインアップを誇るが、コストパフォーマンスの高さでは、C8Pシリーズが群を抜く。

ここがイチ推し!

ノイズの粒子が細かく、精細感が向上。動きの安定感も増した。ドルビーアトモス対応の内蔵スピーカーも魅力的。

第4位

ソニー
KJ-55A8F
実売価格例:31万9540円

A1の資源を受け継ぎ、成熟度が増した

画像: ●サイズ/幅122.6㎝×高さ71.7㎝×奥行き25.5㎝●重量/22.2kg

●サイズ/幅122.6㎝×高さ71.7㎝×奥行き25.5㎝●重量/22.2kg

一枚の黒い板を少しだけ後ろに傾けて、リアスタンドで支えるという先進的なデザインで人気を集めたソニーのA1シリーズ。その資源を受け継ぎながら、通常のスタンド型に仕上げられたモデルだ。設置時の制約が大幅に軽減され、照明の画面への映り込みの問題も改善している。自慢の映像エンジン、X1 Extremeについても、画面を振動させて音を出すアコースティック サーフェスについても、技術的には前作と一緒。ただ、実際に映像と音を確認すると、細かなノイズ感や、耳当たりのいい音といった部分で、成熟度を増しているのがわかる。

ここがイチ推し!

メリハリの利いた色濃い絵作り。黒は浮かず、沈まず、安定感があり、華やかさを感じさせる色再現も見ごたえ十分。

第5位

パナソニック
TH-49EX850
実売価格例:20万9600円

色再現はナチュラルで、声の定位も明確

画像: ●サイズ/幅120㎝×高さ67.7㎝×奥行き23㎝●重量/27kg

●サイズ/幅120㎝×高さ67.7㎝×奥行き23㎝●重量/27kg

本格的な3ウエイのスピーカーを独自のアンプ、JENO Engineで駆動するという贅沢なオーディオシステムを備えた49V型の液晶テレビ。実際、そのサウンドはスケール感に富んだしなやかな表現で、スムーズな空間の広がりと、声の明確な定位を見事に両立させている。クラシックやジャズの音楽作品の鑑賞に堪えうるクオリティだ。

表示パネルは、倍速仕様のIPS液晶。視野角による画質の影響が少なく、色再現はナチュラル、人肌の表現も安定している。さすがに黒は締まりきらないが、リビング用テレビとして不満を感じることはないだろう。

ここがイチ推し!

テレビ内蔵スピーカーは群を抜くクオリティ。音と映像のバランスのよさを求めるのなら、このモデルで決まりだ。

第6位

ソニー
KJ-55X9000F
実売価格例:24万7530円

4Kの映像は黒が締まり、白が伸びる

画像: ●サイズ/幅122.8㎝×高さ77.1㎝×奥行き26.8㎝●重量/19.1kg

●サイズ/幅122.8㎝×高さ77.1㎝×奥行き26.8㎝●重量/19.1kg

4K液晶の最高峰、Z9Dに続くソニー・レギュラーラインのトップモデル。Z9Dの開発で培ったバックライト技術(パネル直下配置)を応用することで液晶の残像感を抑え、なおかつ視野角を広げながら、明るさとコントラストを高次元で両立させている。

シーンに応じてバックライトの光量を調整する部分駆動の使いこなしがうまく、ノンリニアに明るさを変えることの副作用がほとんど気にならない。地デジ、BS/CSなど、既存の放送についてはディテールが甘く、輪郭も強調ぎみ。4K HDR映像は黒がキリッと締まり、白が気持ちよく伸びる。

ここがイチ推し!

液晶ならではの明るさ、鮮やかさを強くアピールしながら、メリハリの利いた高コントラスト画像を描き出す。

第7位

シャープ
LC-60UH5
実売価格例:26万7410円

画面への映り込みが少なく、コントラスト感が良好

画像: ●サイズ/幅148.3㎝×高さ84.6㎝×奥行き34.1㎝●重量/37kg

●サイズ/幅148.3㎝×高さ84.6㎝×奥行き34.1㎝●重量/37kg

低反射 N-Blackパネルに、直下型バックライトを組み合わせた4Kアクオスの最高峰。液晶は、VA方式の広色域仕様。有機EL、液晶を問わず、光沢仕上げのパネルを採用する4Kテレビが多いが、実際に自宅に設置すると、大画面なだけに、使っていないときの映り込みや反射が気になりやすい。このN-Blackは画面への映り込みが明らかに少なく、しかも、明るい環境で見たときのコントラスト感が良好。鮮やかな色再現は、8K液晶譲りだ。

ここがイチ推し!

明るく、鮮やかな再現性はアクオスならでは。内蔵スピーカーも聴きやすい。

第8位

LG
OLED55B8P
実売価格例:25万7990円

買い替えを促す戦略モデルだが、パネルは上級機同等

画像: ●サイズ/幅122.8㎝×高さ74.9㎝×奥行き22㎝●重量/17.8kg

●サイズ/幅122.8㎝×高さ74.9㎝×奥行き22㎝●重量/17.8kg

5ライン、10機種という豪華な布陣を誇るLGの有機EL。B8Pシリーズは唯一、旧モデルと同等のエンジン(α7プロセッサー)で、内蔵チューナーもダブル仕様(ほかは3チューナー)。つまり本機は、液晶からの買い替えを促す戦略モデルということ。ただ、有機ELパネルは上級機と変わらず、引き締まった黒と艶っぽい色再現は健在。 厳密にいえば、階調性、S/N感に差はあるが、HDMI入力からの表示では、その差は確実に縮まる。

ここがイチ推し!

液晶から有機ELに乗り替えたいが、価格で迷っているあなた。本機なら納得だろう。

第9位

東芝
50M520X
実売価格例:15万1070円

4K放送用チューナーを内蔵した、唯一の液晶テレビ

画像: ●サイズ/幅112㎝×高さ67.7㎝×奥行き18.2㎝●重量/18kg

●サイズ/幅112㎝×高さ67.7㎝×奥行き18.2㎝●重量/18kg

今年の12月に始まる4K放送用チューナーを内蔵した、唯一の液晶テレビ。正面コントラストに優れたVAパネルと、映像エンジン、レグザエンジンEvolutionの組み合わせで、精細感にあふれた緻密な映像を楽しませる。画像処理は上級機と同等とはいかないが、2K/4K変換の素性は良好。地デジ、BSも輪郭が細く、微妙なグラデーションも鮮明に描き出す。姉妹機、BM620Xシリーズには、バズーカオーディオシステムが搭載される。

ここがイチ推し!

現行の地デジ、BS/CSと同じ感覚で、4K放送も手軽に楽しみたい人におすすめ。

第10位

シャープ
4T-C43AM1
実売価格例:14万770円

広色域仕様の液晶パネルで、音は明瞭度が高い

画像: ●サイズ/幅96.6㎝×高さ63.1㎝×奥行き27.2㎝●重量/20kg

●サイズ/幅96.6㎝×高さ63.1㎝×奥行き27.2㎝●重量/20kg

4Kテレビの大画面化が進む中で、急激に低価格化が進んでいるが、当然ながら、コストダウンによる画質、音質への影響も少なくない。こうした厳しい環境の中、次世代放送を見据えた中画面スタンダードとして開発されたのがこのモデル。低反射のN-Blackパネルは倍速駆動のVA液晶で、鮮やかさと自然な人肌を両立させた広色域仕様。スピーカーシステムは、ワイドレンジではないが、声の明瞭度が高く、役者のセリフも聴きやすい。

ここがイチ推し!

画質と音質を高次元でバランス。秋発売予定の4Kチューナーを内蔵感覚で操作可能。

解説/藤原陽祐 (AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.