寝具メーカーのエアウィーヴは、新商品8点をこの秋より販売する。睡眠研究と商品開発を11年追求した結果誕生したという。商品は布団の「FUTONシリーズ」3種類と、マットレスの「ベッドマットシリーズ」5種類の合計8種類となる。短時間でも深い睡眠となる「眠りの質」を極限まで追求した商品だ。
画像: エアウィーブ 四季布団 和匠は肩は柔らかめに、腰は硬めにアレンジされ、腰の沈み込みを軽減している。

エアウィーブ 四季布団 和匠は肩は柔らかめに、腰は硬めにアレンジされ、腰の沈み込みを軽減している。

短時間でも深い睡眠となる、眠りの質を極限まで追求した商品

寝具メーカーの株式会社エアウィーヴは、新商品8点をこの秋より販売する。睡眠研究と商品開発を11年追求した結果誕生したという。

商品は布団の「FUTONシリーズ」3種類と、マットレスの「ベッドマットシリーズ」5種類の合計8種類となる。短時間でも深い睡眠となる「眠りの質」を極限まで追求した商品だ。

またスタンフォード大学に睡眠研究を委託。その研究が米国の科学誌「PLOS ONE(プロスワン)」に掲載。寝具が睡眠の質に与える影響を科学的に検証している。

その研究の内容は若年者層及び高齢者層を対象にした実験で、高反発マットレス(エアウィーヴ)を使用した方が、低反発マットレスを使用した時に比べて、睡眠初期の深部体温がより持続的に低下。深い睡眠量が増加するというもの。

革新的進化を遂げたという「ベッドマットシリーズ」のエアウィーブマットレスS03は、ベースのエアファイバーを3分割。それぞれが硬い面と柔らかい面が表裏となっている。その組み合わせで、全体を柔らかく、腰部分のみを硬く、肩部分のみを柔らかくするなど、硬さを自由に調整できる。そしてパーツごとに洗え、お手入れしやすいのが特徴。価格は17万2,800円から。

また、「FUTONシリーズ」エアウィーヴ 四季布団は、エアウィーブシリーズの特徴である寝返りのしやすさと、耐圧分散はそのままに、布団らしく、ふっくら柔らか感触を実現したという。カバーは両面仕様で、蒸れにくく、暖かで季節を問わず快適だという。価格は9万7,200円から。

エアウィーブのオリジナルモデルは2007年発売。現在ではラインナップも豊富になり、各選手にフィッティングを行い、6種類の硬さの中から、体型に合うマットレスパッドを提供している。布団の最上位モデルを説明するのは、株式会社エアウィーヴ 代表取締役会長兼社長の高岡本州氏。

フィギュアスケーターの浅田真央さんは艶やかな和装姿、卓球の石川佳純さんはエレガントな洋装姿で、新商品の印象を語った

画像: 9月25日は浅田真央さんの誕生日。バースデープレゼントとして特別仕様のエアウィーヴをプレゼントされ、喜びを溢れさせていた。(写真提供/株式会社エアウィーブ)

9月25日は浅田真央さんの誕生日。バースデープレゼントとして特別仕様のエアウィーヴをプレゼントされ、喜びを溢れさせていた。(写真提供/株式会社エアウィーブ)

今回の発表会ではフィギュアスケーターの浅田真央さん、卓球の石川佳純さんがエアウィーヴの新商品を体験。新商品の印象を語った。浅田真央さんは艶やかな和装姿、石川佳純さんはエレガントな洋装姿。新商品の和の布団、洋のベッドマットレスのイメージを表現したもの。

新商品について浅田真央さんは、以前の商品よりも、ふわっと柔らかになっており、各段の進化を遂げていると語った。

また9月25日は浅田真央さんの誕生日。バースデープレゼントとして特別仕様のエアウィーヴをプレゼントされ、喜びを溢れさせていた。

石川佳純さんは、アスリートは睡眠と食事が特に大切。これからも睡眠を大事にして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向かって、頑張っていきたいと抱負を語った。

浅田真央さんのマットレスの硬さ測定分布図。

●エアウィーブ公式サイト

https://sleep.airweave.jp

This article is a sponsored article by
''.