Amazonがスマートスピーカー「Echoシリーズ」の新製品を発表した。10.1型のディスプレイを搭載するEcho Show、既存モデルからのブラッシュアップとなるEcho Dot(第3世代)とEcho PlusP(第2世代)。そしてEcho Plus(またはEcho )とつないで、迫力あるサウンドを楽しめるサブウーファー、Echo Subだ。その他Echo/Echo Plus専用サブウーファーも発売。今回の新モデル投入でラインアップが充実したEcho は、ライバルのGoogle Homeを追い抜く可能性も十分ありそうだ。

Amazon Echo Show 
実売価格例:2万7980円(2018年12月発売予定)

画像: 10.1型のディスプレイ(1280ドット×800ドット)を採用し、音声だけでなく写真や映像でも情報が得られる。ウエブブラウザーを搭載しており、ウエブサイトも見られるほか、500万画素カメラでビデオ通話も可能。さらに、対応している曲であれば歌詞を表示して、カラオケを楽しむこともできる。本体サイズ・重量は、幅246ミリ×高さ174ミリ×奥行き107ミリ・1755グラム。

10.1型のディスプレイ(1280ドット×800ドット)を採用し、音声だけでなく写真や映像でも情報が得られる。ウエブブラウザーを搭載しており、ウエブサイトも見られるほか、500万画素カメラでビデオ通話も可能。さらに、対応している曲であれば歌詞を表示して、カラオケを楽しむこともできる。本体サイズ・重量は、幅246ミリ×高さ174ミリ×奥行き107ミリ・1755グラム。

●高音質スピーカーを搭載

Dolbyプロセッシング搭載のスピーカーは音楽を楽しむにも向く。大画面スクリーンはタッチ操作にも対応。家電との連係に便利なスマートホームハブ機能も備えている。

Amazonのスマートスピーカーがラインナップを大幅強化!

Amazonがスマートスピーカー「Echoシリーズ」の新製品を発表した。10.1型のディスプレイを搭載するEcho Show、既存モデルからのブラッシュアップとなるEcho Dot(第3世代)とEcho PlusP(第2世代)。そして、Echo Plus(またはEcho )とつないで、迫力あるサウンドを楽しめるサブウーファー、Echo Subだ。スマートスピーカーとは、話しかけるだけで、知りたい情報を聞けたり、家電をリモート操作できたりする機器で、「Amazon Echo」と「Google Home」が2大勢力となっている。

海外ではEcho が先行したが、日本ではGoogle Homeが先に発売されて、販売台数でもリードしているようだ。しかし、Amazonは今年7月に円形ディスプレイ付きのEcho Spotを発売し、スマートスピーカーの利便性を拡張させ、さらに、新機種のEcho Showは、大画面スクリーン、高性能スピーカー、そしてスマートホームハブ機能まで備えた “全部入りモデル” となっている。新規ユーザーはもちろん、現在、Echoシリーズの既存モデルを使っている人が、買い増しを検討する価値もありそうだ。

新しいEcho DotとEcho Plusはデザインを一新し、スピーカーの音質を向上させたのが売り。特に、Echo Plusは、3インチのネオジウム・ウーファーを備え、2台そろえることでステレオスピーカーとしても使える仕様になっている。

さらに、音質にこだわるなら、新たにラインアップに加わったEcho Subにも要注目。これは、新Echo Plusや既存のEchoにつなぐサブウーファーで、低音が大幅に強化される。今回の新モデル投入でラインアップが充実したEcho は、ライバルのGoogle Homeを追い抜く可能性も十分ありそうだ。

Amazon 
Echo Plus
実売価格例:1万7980円

Amazon 
Echo Dot
実売価格例:5980円

Echo/Echo Plus専用サブウーファーも発売

Amazon 
Echo Sub
実売価格例:1万5980円

Echo Plusはデザインを一新。Echo Dotはコンパクトさはそのままに音質を向上。Echo PlusおよびEchoと連係して低音を強化するEcho Subも新登場。

テキスト/村元正剛(ITライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.