【Wi-Fiルーターの買い替え】端末の接続設定には「引っ越し機能」が便利

ガジェット

ルーターを買い替えた場合、基本的に端末側のWi-Fi接続設定は、やり直しが必要で、かなりの手間となる。これを回避するには「設定引っ越し機能」や「設定コピー機能」を持ったWi-Fiルーターを導入するといいだろう。ただ、旧Wi-FiルーターがWPSに対応していることが条件となる。

ルーターを買い替えたけど、また最初から設定が必要?

Wi-FiルーターのSSIDやパスワードは、1台につき一つずつ個別のものが割り当てられているため、一般論としては、同じメーカーの同じ製品に買い替えたとしても、スマホなどの端末側のWi-Fi接続設定はやり直しが必要となる。

スマホとパソコンで2~3台というなら設定をやり直してもいいが、ゲーム機やネットワークプレーヤー、スマートスピーカー、ネット家電などがある場合、それを全部設定し直すのはかなりの手間となる。

これを回避するには「設定引っ越し機能」や「設定コピー機能」を持ったWi-Fiルーターを導入するといいだろう。
バッファロー、NEC、アイ・オー・データといった大手メーカーの最近の機種には、この機能が搭載されている。旧Wi-FiルーターがWPSに対応していることが、設定引っ越しできる条件となっており、他社製品でも設定引っ越しは可能。旧ルーターと新ルーターでWPSボタンを押すことで、設定がコピーされる。

●WPS対応どうしなら、簡単に設定の引っ越しが可能

多くの機種で簡単引っ越し機能が用意され、ルーターどうしでボタンを押せば、SSIDやパスワードといった接続に必要な設定が新ルーターに引き継がれる。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース