クラウドサービス利用時には、こんなトラブルがよくある。例えば、ログインできない。サーバーにアクセスが集中して、送受信に時間がかかる。そのほか、データが同期されない。ファイルが整理できないなど、代表的トラブルとその対処方法をまとめた。

クラウド利用時によくあるこんなトラブルに注意!

なぜかログインできない!

意外に多いのが、IDかパスワードの入力ミス。

ログインを維持する設定にしておくと便利だが、スマホや共有パソコンだと他者に見られるリスクがある。パスワードが不明の場合は、再設定の手続きをすればいい。まれに、サービス提供者側でトラブルが起きている可能性もある。少し時間をおいて、また試してみよう。

送受信に時間がかかる!

通信回線が混んでいるか、サービス提供者のサーバーにアクセスが集中している可能性が高い。

自宅で複数の機器をWi-Fi接続している場合も、速度低下が考えられる。利用する時間を変えたり、同時接続する機器を減らしたりしてみよう。それでも遅いなら、別サービスへの移行を検討しよう。

データが同期されない!

まず、ネット接続に問題ないかを確認。いつの間にか接続が切れていることがある。次に、正しくログインされているかを確認する。

設定にもよるが、一度ブラウザーを閉じると再ログインが必要なケースもある。また、同じサービスに対して複数のアカウントがあると、設定ミスが起きやすい。利用するアカウントを決めておこう。

ファイルが整理できない

基本的には、パソコン内のファイル整理と同様に目的別のフォルダーを作るといい。

スマホのように、自動的に日付順に整理されるようなことはない。ファイルが見つからないときは、検索機能を使って探す手もある。

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.