ツイッターに少し慣れてくると、140字を超える長文を投稿してみたくなるかもしれない。そんな時は、まず1件めを入力してから「+」をタップしてみよう。ツイートが追加され、続きを入力できる仕組みになっている。使える機能だから覚えておこう。

ツイッター入門 疑問と悩み
140字を超える長文を投稿したい

全角140文字以上の長い文章を投稿するには、ツイートを分割する必要が生じる。

そこで活用したいのが「スレッド」機能だ。

3件までのツイートをつなげて表示でき(4件以上だと省略表示され、タップして展開する
)、ツイートを見た人は連続して読むことができる。

スレッドを使うには、通常のやり方で投稿文を入力したあとに右下の「+」をタップ。

ツイートが追加され、続きを入力できる仕組みだ。

まず1件めを入力してから「+」をタップ

画像1: 【ツイッター】140字以上の長文を投稿する方法「スレッド機能」を活用しよう

スレッドを使いたい場合は、まず1件めのツイートを入力。次に、画面右下の「+」をタップしよう。

画像2: 【ツイッター】140字以上の長文を投稿する方法「スレッド機能」を活用しよう

2件めのツイートの入力欄が表示されるので、続きを入力。入力を終えたら「すべてツイート」をタップ。

※本記事の解説画面は、特に記載のあるもの以外は基本的にiPhoneの画面を掲載しています。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.