史上最強のロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」自身がプロデュースする、大規模企画展がついに日本上陸。その開催を記念し、オーディオテクニカが限定ヘッドホンを2機種製作した。どちらも、会場に行かないと手に入らない、ストーンズファン・ロックファン必携のコラボヘッドホンだ。

東京での開催はアジア唯一

東京・五反田でロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」の歴史や魅力を伝える企画展「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」が開催中だ。

期間は、2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)まで。
開館時間は、月~金・土・祝前日は11:00~20:00(最終入館19:30まで)、日・祝日は11:00~18:00(最終入館 17:30まで)。
会場は、TOC五反田メッセ。入場料は一般3500円。各プレイガイドでは、「トートバッグ付き入場チケット」など、日本オリジナルグッズ付きチケット各種も用意されている。

本企画展は、ザ・ローリング・ストーンズ自らがプロデュースしたもので、楽器や衣装、アートワークなど500点を超えるストーンズ・アイテムを展示。
バンドメンバーが、狭いアパートで共同生活した部屋を再現した黎明期から、世界のエンターテインメントをリードする存在となるまでの物語を追体験できる。
2016年4月のロンドンを皮切りに、ニューヨーク・シカゴ・ラスベガス・ナッシュビル・シドニーと世界各地を回っているが、アジアでは、東京が唯一の開催地だ。

画像: アジア圏唯一となる東京での開催 stonesexhibitionism.jp

アジア圏唯一となる東京での開催

stonesexhibitionism.jp

同い年のオーテクとストーンズがコラボ!

会場では、多くのオリジナルグッズが販売され、ファンなら目移りしてしまうはず。
4月13日(土)からは、本企画展に協賛しているオーディオテクニカが、ザ・ローリング・ストーンズとコラボレーションしたヘッドホンを発売開始。

「ATH-AR5RS」「ATH-AR3RS」の2モデルで、どちらも本企画展専用に作られたオフィシャルロゴを、ハウジング部分へ大胆にプリント。スペシャルパッケージに収められ、会場限定で販売される。

オーディオテクニカは、ザ・ローリング・ストーンズの結成と同じく1962年に創業。
両モデルとも、密閉ダイナミック形式の有線ヘッドホンだ。
「ATH-AR5RS」は、ハイレゾにも対応したモデルで、φ45mmドライバーを搭載し、再生周波数帯域は5~40,000Hz。
「ATH-AR3RS」は、φ40mmドライバーを搭載し、再生周波数帯域は5~35,000Hz。
製品価格は、「ATH-AR5RS」が22,222円、「ATH-AR3RS」が11,111円(共に税抜き)。カラーは「ATH-AR5RS」がブラック、「ATH-AR3RS」はブラックとレッドを用意。
この機会を逃すと入手できないため、ストーンズファンなら気になるヘッドホンとなりそうだ。

画像: ハイレゾにも対応したATH-AR5RS www.audio-technica.co.jp

ハイレゾにも対応したATH-AR5RS

www.audio-technica.co.jp
画像: ファッションのポイントカラーにもなりそうなATH-AR3RS RD www.audio-technica.co.jp

ファッションのポイントカラーにもなりそうなATH-AR3RS RD

www.audio-technica.co.jp
画像: 真っ赤なベロマークが映えるATH-AR3RS BK www.audio-technica.co.jp

真っ赤なベロマークが映えるATH-AR3RS BK

www.audio-technica.co.jp

◆大坪知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.