キヤノンやニコンは「マウントアダプター」というアクセサリーを使用することで、一眼レフのレンズをミラーレスで使うことができる。ニコンのマウントアダプター「FTZ」では、ピント合わせや露出モードなどに制約は生じるが、古いAFレンズやMFタイプのレンズも使用できる。

一眼レフ用のレンズはミラーレス一眼で流用できないの?

マウントアダプターを使えば装着できる

キヤノンやニコンなどは「マウントアダプター」というアクセサリーを使うことで、一眼レフ用のレンズをミラーレス一眼で使えるようになっている。

これは、ミラーレス一眼のフランジバック(マウント面から撮像センサー面までの距離)が、一眼レフより短いため。これにより、一眼レフ用の交換レンズをそろえている人なら、そのレンズ資産をミラーレス一眼で活用することができる。もちろん、AFや手ブレ補正機構も利用できる。すでに一眼レフを使っていて、お気に入りの一眼レフ用レンズを持っているのであれば、このマウントアダプターは持っていて損のないアイテムといえるだろう。

ちなみに、キヤノンのマウントアダプターには、シンプルなタイプ(EF-EOS R/実売価格例1万3620円)だけでなく、コントロールリングやドロップイン方式のフィルター付きなど、付帯機能を備えたタイプが複数用意されている。

ニコンのマウントアダプター「FTZ」では、ピント合わせや露出モードなどに制約は生じるが、古いAFレンズやMFタイプのレンズも使用できるようになる。

ニコン FTZ
(実売価格例:3万5100円)

画像: ニコン・Z6にマウントアダプター・FTZを使って同社の一眼レフ用のレンズ(70~200mmF2.8)を装着。

ニコン・Z6にマウントアダプター・FTZを使って同社の一眼レフ用のレンズ(70~200mmF2.8)を装着。

画像: 一眼レフ用のレンズをミラーレスで使える「マウントアダプター」とは?

解説/吉森信哉(フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.