スマホの「メール」と「メッセージ」の違いは?使い分け方は?

ガジェット

iPhoneには「メール」と「メッセージ」というアプリがある。本来は「メール」がEメール、「メッセージ」はSMSや、「iメッセージ」を送受信するために使う。ただし、キャリアメールは各社でどちらのアプリを使うかが異なってくる。

<疑問と悩み>
「メール」と「メッセージ」って何が違うの? どう使い分ける?

⇒⇒携帯電話番号でやり取りできる「メッセージ」、Eメールは「メール」

まず、iPhoneには「メール」と「メッセージ」というアプリがある。本来は「メール」がEメールを送受信するためのもので、「メッセージ」は携帯電話番号を宛て先とするSMSや、iPhoneどうしで使う「iメッセージ」を送受信するために使う。

ただし、キャリアメールは各社で異なり、ドコモメールは「メール」で、auのEメールは「メール」
または「メッセージ」のどちらかを選ぶ仕様になっている。さらに、ソフトバンクは、S!メールは「メッセージ」、Eメール(i)は「メール」を使う。

Androidには、「Gmail」アプリがプリインストールされている。Googleアカウントに登録したGmailアドレスのほか、ふだんパソコンで使っているEメールも設定できる。なお、Eメール専用のアプリをプリインストールしている機種もある。
SMSは「SMS」や「メッセージ」といったアプリを使うのが一般的だったが、3大キャリアでは、携帯電話番号を宛て先にして、長いメッセージや画像もやり取りできる「+メッセージ」アプリに移行しつつある。いずれもSMSは扱えるので、プリインストールされているものを使えばいい。

iPhone
●メールは「メール」、メッセージは「メッセージ」を使う

iPhoneの「メール」アプリでのメール作成画面。ドコモやauのキャリアメールも設定でき、パソコンのメールやGmailも送受信できる。

iPhoneの「メッセージ」アプリはSMSを送受信できるほか、iPhoneユーザー間であれば、画像やステッカーなどもやり取りできる。

Android
●メールは「Gmail」、メッセージは「+メッセージ」を使う

「Gmail」アプリのメール作成画面。パソコンのメールソフトに近い感覚で使えて、プロバイダーなどのEメールアドレスも、設定することができる。

3大キャリアのスマホにプリインストール(またはアップデート対応)されている「+メッセージ」。携帯電話番号を宛て先として文字や画像を送信できる。

解説/村元正剛(ITライター)

ガジェットAndroidiPhoneスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース