iPhoneには「メール」と「メッセージ」というアプリがある。本来は「メール」がEメール、「メッセージ」はSMSや、「iメッセージ」を送受信するために使う。ただし、キャリアメールは各社でどちらのアプリを使うかが異なってくる。

<疑問と悩み>
「メール」と「メッセージ」って何が違うの? どう使い分ける?

⇒⇒携帯電話番号でやり取りできる「メッセージ」、Eメールは「メール」

まず、iPhoneには「メール」と「メッセージ」というアプリがある。本来は「メール」がEメールを送受信するためのもので、「メッセージ」は携帯電話番号を宛て先とするSMSや、iPhoneどうしで使う「iメッセージ」を送受信するために使う。

ただし、キャリアメールは各社で異なり、ドコモメールは「メール」で、auのEメールは「メール」
または「メッセージ」のどちらかを選ぶ仕様になっている。さらに、ソフトバンクは、S!メールは「メッセージ」、Eメール(i)は「メール」を使う。

Androidには、「Gmail」アプリがプリインストールされている。Googleアカウントに登録したGmailアドレスのほか、ふだんパソコンで使っているEメールも設定できる。なお、Eメール専用のアプリをプリインストールしている機種もある。
SMSは「SMS」や「メッセージ」といったアプリを使うのが一般的だったが、3大キャリアでは、携帯電話番号を宛て先にして、長いメッセージや画像もやり取りできる「+メッセージ」アプリに移行しつつある。いずれもSMSは扱えるので、プリインストールされているものを使えばいい。

iPhone
●メールは「メール」、メッセージは「メッセージ」を使う

画像: iPhoneの「メール」アプリでのメール作成画面。ドコモやauのキャリアメールも設定でき、パソコンのメールやGmailも送受信できる。

iPhoneの「メール」アプリでのメール作成画面。ドコモやauのキャリアメールも設定でき、パソコンのメールやGmailも送受信できる。

画像: iPhoneの「メッセージ」アプリはSMSを送受信できるほか、iPhoneユーザー間であれば、画像やステッカーなどもやり取りできる。

iPhoneの「メッセージ」アプリはSMSを送受信できるほか、iPhoneユーザー間であれば、画像やステッカーなどもやり取りできる。

Android
●メールは「Gmail」、メッセージは「+メッセージ」を使う

画像: 「Gmail」アプリのメール作成画面。パソコンのメールソフトに近い感覚で使えて、プロバイダーなどのEメールアドレスも、設定することができる。

「Gmail」アプリのメール作成画面。パソコンのメールソフトに近い感覚で使えて、プロバイダーなどのEメールアドレスも、設定することができる。

画像: 3大キャリアのスマホにプリインストール(またはアップデート対応)されている「+メッセージ」。携帯電話番号を宛て先として文字や画像を送信できる。

3大キャリアのスマホにプリインストール(またはアップデート対応)されている「+メッセージ」。携帯電話番号を宛て先として文字や画像を送信できる。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.