スマホカメラでの撮影で手ブレが起こりやすいのは、スマホをしっかりホールドするのが難しい点にある。また、画面をタッチしてシャッターを押すという動作も手ブレの原因になる。手ブレを防ぐには、キチンと構えるのが大前提。さらに「ジンバル(スタビライザー)」を利用するのもおすすめだ。

<疑問と悩み>
ブレたり、暗かったりする。スマホでうまく撮るコツは?

⇒⇒基本の撮影はカメラ専用機と同様。補正機能も積極活用すべし

スマホカメラも、基本的な撮影はカメラ専用機と同様で、構え方が悪いと手ブレを起こしやすくなる。とはいえ、グリップなどが用意されるカメラ専用機と違って、スマホはしっかりホールドするのが難しいのも事実だ。また、画面をタッチしてシャッターを押すので、どうしてもブレやすくなる。

手ブレが起きない構え方のコツ

画像1: 【スマホカメラ撮影テク】手ブレを防ぐジンバルとは?写真が暗くなる時の対策は?

きちんと構えるには、片手持ちではなく、両手で端末の左右や上下の端をしっかりつかむようにしよう。これで、致命的な手ブレはほぼ回避できるはず。さらに、セルフタイマーも併用すれば、シャッターを切る際の手ブレもほとんど解消できるだろう。

ジンバルを利用するのも手

さらに、水平・垂直方向の動きを制御して手ブレを防ぐアクセサリー、ジンバル(スタビライザー)を利用するという手段もある。

●おすすめのジンバル

DJI Osmo mobile 2
実売価格例:1万6750円

3軸電子制御式のジンバル。重量485グラムの軽量ながら、最大15時間のバッテリー持続時間を実現している。

画像2: 【スマホカメラ撮影テク】手ブレを防ぐジンバルとは?写真が暗くなる時の対策は?

手ブレを防ぐ撮影テクニックを覚えよう

一方、写真が暗くなってしまう場合は、「AE/AFロック」を利用しよう。iPhoneならファインダー画面をタップし、太陽アイコンのゲージを上方向にスライドすれば明るさを上げられる。Androidもファインダー画面をタップしてフォーカスを固定させると、露出調節用のスライダーが表示される場合が多い。

また、HDRモードを活用するのも効果的だ。HDRをオンにすれば、本来なら黒くつぶれてしまうシーンも極力明るく撮ることができる。夜景などでは、「夜景モード」を用意する機種もあるので、活用するといいだろう。

iPhone

画像: セルフタイマーを使えば、シャッターを切る際の手ブレを防げる。セルフタイマーは、画面上部の時計アイコンで3秒か10秒を指定できる。

セルフタイマーを使えば、シャッターを切る際の手ブレを防げる。セルフタイマーは、画面上部の時計アイコンで3秒か10秒を指定できる。

画像: 動きの速い被写体は、シャッターボタンを長押しし、「バーストモード」にして連写で撮ろう。その後、撮影した写真からブレのないものを選ぶといい。

動きの速い被写体は、シャッターボタンを長押しし、「バーストモード」にして連写で撮ろう。その後、撮影した写真からブレのないものを選ぶといい。

Android

画像: Xperia XZ3では、画面上部の時計アイコンからセルフタイマーを利用可能。設定できるタイマーは、3秒と10秒の2種類だ。

Xperia XZ3では、画面上部の時計アイコンからセルフタイマーを利用可能。設定できるタイマーは、3秒と10秒の2種類だ。

●「夜景モード」を活用

画像: Pixel 3などでは「夜景モード」を用意している。露出や感度の設定などは不要で、暗い場所でも適切な明るさでブレずに撮影できる。

Pixel 3などでは「夜景モード」を用意している。露出や感度の設定などは不要で、暗い場所でも適切な明るさでブレずに撮影できる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.