迷惑メールには広告などへの誘導、個人情報やクレジットカードの情報を盗み出すための偽サイトへの誘導を目的にしたものが多い。被害を防ぐためには「クリックしないこと」が一番だが、意図せずとも、URLを間違ってクリックしてしまうこともあるだろう。その場合は、「何もしないこと」で実害は防げる。

怪しいメールの文面にあったURLをクリックしてしまった!

⇒⇒出てきたページで何もせず、静かに閉じれば、まず問題なし

怪しいメールとは、いわゆる迷惑メールのこと。迷惑メールには、広告やサービスへの誘導、個人情報やクレジットカード情報を盗み出すための偽サイトへの誘導を目的にしたものが多い。

例えば、アカウントを盗む目的の迷惑メールなら、アップルやAmazonなどを装い、「アカウントがロックされたからパスワードの再設定を」といったメールが届き、本文内のURLをクリックすると、正規サイトとそっくりな偽ページが表示される。ここでログインの要求にこたえてしまうと、ID(アカウント名)とパスワードが盗まれてしまう。

この仕組みからもわかると思うが、メール本文のURLをクリックして、ブラウザーに偽ページが表示されただけでは、被害は発生しない。ログイン操作をすると被害が発生するので、とにかく何も操作せず、ブラウザーのタブを閉じればいい。偽ページが表示されたとたんに「会員登録完了」などの表示が出ることもあるが、それは脅しであり、実害はないので、無視してページを閉じよう。

●ウェブページで何もしなければ大丈夫

画像: ●ウェブページで何もしなければ大丈夫

この例のように、怪しいメールの中にあるURLはクリックしないに限る。もしクリックしてしまった場合は、表示されたウェブページで何もせず、そのままウェブページを閉じれば、実害はない。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.