【迷惑メール】URLを間違ってクリックしてしまったときの正しい対処は?

ガジェット

迷惑メールには広告などへの誘導、個人情報やクレジットカードの情報を盗み出すための偽サイトへの誘導を目的にしたものが多い。被害を防ぐためには「クリックしないこと」が一番だが、意図せずとも、URLを間違ってクリックしてしまうこともあるだろう。その場合は、「何もしないこと」で実害は防げる。

怪しいメールの文面にあったURLをクリックしてしまった!

⇒⇒出てきたページで何もせず、静かに閉じれば、まず問題なし

怪しいメールとは、いわゆる迷惑メールのこと。迷惑メールには、広告やサービスへの誘導、個人情報やクレジットカード情報を盗み出すための偽サイトへの誘導を目的にしたものが多い。

例えば、アカウントを盗む目的の迷惑メールなら、アップルやAmazonなどを装い、「アカウントがロックされたからパスワードの再設定を」といったメールが届き、本文内のURLをクリックすると、正規サイトとそっくりな偽ページが表示される。ここでログインの要求にこたえてしまうと、ID(アカウント名)とパスワードが盗まれてしまう。

この仕組みからもわかると思うが、メール本文のURLをクリックして、ブラウザーに偽ページが表示されただけでは、被害は発生しない。ログイン操作をすると被害が発生するので、とにかく何も操作せず、ブラウザーのタブを閉じればいい。偽ページが表示されたとたんに「会員登録完了」などの表示が出ることもあるが、それは脅しであり、実害はないので、無視してページを閉じよう。

●ウェブページで何もしなければ大丈夫

この例のように、怪しいメールの中にあるURLはクリックしないに限る。もしクリックしてしまった場合は、表示されたウェブページで何もせず、そのままウェブページを閉じれば、実害はない。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェットスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース