キーボードによるショートカット操作は、古くから利用されてきた機能だ。コピペや貼り付けができる「Ctrlキー」をつかった操作はもちろん、「Windowsキー」を使った操作を覚えておくと、さらに便利さを実感できる。自分がよく使うアプリを起動するためのショートカットキーを作成することも可能だ。

キーボードショートカットを覚えて素早く操作しよう

キーボードによるショートカット操作は、古くから利用されてきた機能だ。例えば、右手のマウスで操作対象を選択しつつ、左手でショートカットキーを押してコピーしたり貼り付けたり、操作を誤ったら元に戻したりできる。あるいは、エクスプローラーの中で複数の項目を選んだり、アプリの操作画面で全体を選択したりするときにも役立つ。

画像: キーボードショートカットを覚えて素早く操作しよう

一歩進んで、Windowsキーを使った操作を覚えておくと、さらに便利さを実感できる。下の一覧表の中段あたりの機能だ。
また、[Alt]+[F4]はアプリの終了だけでなくWindowsのシャットダウンもできるし、画面が反応しなくなったときは[Ctrl]+[Alt]+[Delete]で対応できる。

●覚えておくと便利なキーボードショートカット一覧

キー操作
Ctrl + Aすべてを選択
Ctrl + C選択した項目をコピー
Ctrl + V選択した項目を貼り付け
Ctrl + X選択した項目を切り取り
Ctrl + Shift + ESCタスクマネージャーの起動
Ctrl + クリック複数のファイルを選択
Ctrl + ドラッグファイルをコピー
Ctrl + Alt + Deleteタスクマネージャーの起動など
Winスタートメニューを表示/非表示
Win + Aアクションセンターを表示/非表示
Win + Dデスクトップを表示/非表示
Win + Eエクスプローラーを起動
Win + IWindowsの設定を起動
Win + Lパソコンの画面をロック
Win + Tabタスクビューを表示
Win + Ctrl + D新しい仮想デスクトップを作成
Win + Ctrl + F4現在の仮想デスクトップを閉じる
Win + Home最前面のウインドウ以外を最小化
Win + ,全ウインドウを一時的に透明に
Alt + Enterプロパティを表示
Alt + F4アクティブなアプリを終了
Shift + Deleteゴミ箱に入れずに削除
Shift + クリック連続したファイルを選択

さらに、よく使うアプリをショートカットキーで起動することも可能だ。設定方法は下記のとおり。[Ctrl]+[Alt]は固定されているので、その後に適当な文字を割り当てよう。「Excel」なら[E]、「Word」なら[W]といった覚えやすい文字にするといい。なお、この設定を解除するときは、入力した文字を削除すると「なし」に戻る。

●よく使うアプリを起動するためのショートカットキーを作成

画像1: 【Windows10】便利なショートカットキー23選 よく使うアプリの起動には自作「ショートカットキー」を

❶「スタート」で設定したいアプリを探して右クリック。「その他」→「ファイルの場所を開く」でエクスプローラーが開く。

画像2: 【Windows10】便利なショートカットキー23選 よく使うアプリの起動には自作「ショートカットキー」を

❷目的のアプリを右クリックして「プロパティ」を開く。「ショートカットキー」が「なし」になっているので、適当な文字を割り振ろう。

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.