Windows7のサポート期限終了が2020年1月に控えており、パソコン市場が盛り上がっている。売れ筋は15.6型の「A4ノート」だが、今季は持ち運びの良さが特徴の「モバイルノート」が注目されている。パソコン選びで重要なのは、CPUとストレージ、ディスプレイ、付加機能の4点。A4ノート・モバイルノート・デスクトップ・2in1の4ジャンルのおすすめモデルを紹介しよう。

今、買いのパソコンがわかる!
ポイントはズバリここ!

●Windows7はサポート切れ間近

2019年のパソコン市場は、Windows7のサポート期限を2020年1月に控えていることもあり、盛り上がりを見せている。
個人向けでは、これまで同様、売れ筋は15.6型の「A4ノート」だが、今季は「モバイルノート」が強い存在感を放っている。

画像: Windows7を利用できるのは事実上、2020年1月まで。以降はWindows10搭載機に移行が必要だ。

Windows7を利用できるのは事実上、2020年1月まで。以降はWindows10搭載機に移行が必要だ。

モバイルノートは、A4ノートやデスクトップに比べて、処理性能が劣ることはあるものの、長時間のバッテリー動作や軽量筐体など、出先での利用は圧倒的にアドバンテージがある。現在は、スマホの補完としてパソコンを使うケースも目立つが、そうしたユーザーでも、スマホ同様、長時間使えて持ち運びやすいモバイルノートがマッチするということだろう。

●Windows10パソコン選びの重要ポイント

画像: ●Windows10パソコン選びの重要ポイント

さて、パソコン選びで外せないポイントというと、特に重要なのは、CPUとストレージ、ディスプレイ、付加機能の4点。CPUとストレージは動作速度、ディスプレイ性能はパソコン作業の効率を大きく左右する。さらに、ワンランク上の使い勝手を求めるなら、生体認証やオフィスソフトなどの付加機能も重視すべきだろう。

CPU

処理性能にこだわるなら、やはりインテルのCoreシリーズがベスト。現在の主流は第8世代だが、第9世代も徐々に採用され始めている。

ストレージ

今では、高速アクセスを誇るSSDを選ぶのが原則。大容量やコスト重視なら、HDDやOptaneメモリー付きHDDを選ぶのも手だ。

ディスプレイ

15.6型以下ならフルHDでも精細さを大きく損なうことはない。大画面モデルなら、映像が映える4Kディスプレイもねらい目だ。

付加機能

サインインの手間を減らしたいなら、生体認証は必須。USB Type-C端子や光学ドライブ、オフィスソフトの有無もチェックしたい。

もちろん、ユーザーごとに好みは異なるが、以下では「A4ノート」「モバイルノート」に加え、「デスクトップ」「2in1」の4ジャンルの推奨モデルを紹介しよう。

  • ❶ モバイルノート編
  • ❷ A4ノート編
  • ❸ デスクトップ&2in1編

❶ モバイルノート編

【デザイン重視向き】

ASUS
ZenBook 13 UX333FA 8265
実売価格例:12万1700円

画像: ●サイズ・重量/幅302㎜×高さ16.9㎜×奥行き189㎜・1.16㎏

●サイズ・重量/幅302㎜×高さ16.9㎜×奥行き189㎜・1.16㎏

CPU
Core i5-8265U

ストレージ
SSD 512GB

ディスプレイ
13.3型 1920×1080

スタイリッシュな四辺狭額縁を採用したスキのないハイスタンダードモバイル

第8世代のCore i5プロセッサーに加え、8Gバイトのメモリーを搭載した13.3型ノートで、オフィス文書の作成やビデオ編集など、難なくこなせるハイスペック仕様だ。四辺狭額縁のフルHDディスプレイは、広視野角かつ発色に優れ、映像や写真など、あらゆるコンテンツを高品質に楽しめる。タッチパッドは10キーとしても利用可能。

【初心者向き】

エイサー
Swift 3 SF314-56-H58U/S
実売価格例:10万5550円

画像: ●サイズ・重量/幅323㎜×高さ17.95㎜×奥行き228㎜・1.45㎏

●サイズ・重量/幅323㎜×高さ17.95㎜×奥行き228㎜・1.45㎏

CPU
Core i5-8265U

ストレージ
SSD 256GB

ディスプレイ
14.0型 1920×1080

Core i5搭載の高性能14型モバイルが実売10万円台のリーズナブルさ!

13.3型クラスのコンパクト筐体を保ちつつ、14.0型の大画面を実現。ディスプレイにはフルHDのIPSパネルを採用し、広視野角で発色も良好。CPUはCore i5、メモリーは8Gバイト、ストレージには256GバイトのSSDを備えるなど、スペック面も抜かりがない。指紋認証機能も搭載し、手間なくセキュリティ対策を施せる。

【スペック重視向き】

NEC
LAVIE Pro Mobile PM750
実売価格例:20万310円

画像: ●サイズ・重量/幅307.8㎜×高さ15.5㎜×奥行き215.7㎜・837g

●サイズ・重量/幅307.8㎜×高さ15.5㎜×奥行き215.7㎜・837g

CPU
Core i7-8565U

ストレージ
SSD 512GB

ディスプレイ
13.3型 1920×1080

バッテリー駆動20時間&837グラム!性能や使い勝手など、すべてに妥協なし

13.3型で重量837グラム、バッテリー動作は最大20時間と、モバイルノートの要である「軽さとスタミナ」を両立。第8世代のCore i7プロセッサーや8Gバイトのメモリーを備えるなど、性能面も妥協がない。打鍵感のいいキーボードのほか、軽量ながら剛性の高いカーボン素材を天板に用いるなど、NECらしいこだわりも、随所に満載だ。

【ビジネス向き】

日本HP
HP Pavilion 13-an0054TU
実売価格例:9万6768円(オフィス付き)

画像: ●サイズ・重量/幅310㎜×高さ15.5㎜×奥行き215㎜・1.26㎏

●サイズ・重量/幅310㎜×高さ15.5㎜×奥行き215㎜・1.26㎏

CPU
Core i5-8265U

ストレージ
SSD 256GB

ディスプレイ
13.3型 1920×1080

3Dメタル仕上げのスタイリッシュボディ。スペック&機能面も本格派でコスパ抜群!

1枚のアルミ板から作られた美観を誇る13.3型ノートで、デザイン性もさることながら筐体の剛性も上々。CPUは第8世代のCore i5、メモリーは8Gバイトなどと、性能面もツボを押さえている。バング&オルフセンのオーディオ技術を採用したデュアルスピーカーに加え、指紋認証機能を備えるなど、機能面も充実している。

This article is a sponsored article by
''.