ローランド株式会社から、BOSSコンパクト・ペダルならではのシンプルな操作で、本格的なシンセサイザーの音色を使った演奏ができるエフェクター「SY-1」が発売される。

121種類の多彩なシンセ・サウンドを内蔵

ソロからコードまで幅広い演奏表現が可能

ローランド株式会社から、BOSSコンパクト・ペダルならではのシンプルな操作で、ギターやベースで本格的なシンセサイザーの音色を使ったユニークな演奏ができるエフェクター「SY-1」が発売される。

「SY-1」は、ギターからの入力信号をもとに、本体に内蔵された高性能のカスタムDSPチップが瞬時にシンセサイザーの音色を生成して出力。普段通りにギターを弾くだけで、インパクトある音色で曲を演出することができる。

画像1: www.boss.info
www.boss.info

●こんな方にオススメ
ギター/ベースの演奏にシンセサイザーの音色を取り入れ、表現の幅を広げたい方

●ここがポイント
・従来のエフェクターと同じ使い方で、本格的シンセサイザー・サウンドをギター/ベースで演奏可能
・121種類から好みの音色を選ぶだけの手軽さ。普段の演奏のままシンセサイザーの多彩な音色を楽しめる

「BOSSコンパクト・ペダル・シリーズ」とは?

「BOSSコンパクト・ペダル・シリーズ」は、エフェクターと呼ばれるペダル型の機器で、ギターやベースの音に多彩な効果を加えることができる。
1977年に初代モデルを発表以来、多くのプロ・ミュージシャンやギター愛好家の支持を集め、現在までに123機種、延べ1,600万台以上を販売されている。
また、初代モデルから変わらない、機能性と使いやすさを追求した設計が評価され、2011年には公益財団法人日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞(※)」を受賞した。
※「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」は、「グッドデザイン特別賞」として10年以上にわたって継続的に支持・愛用されているデザインに贈られる賞。

ユニークなエフェクター「SY-1」のここが凄い!

SY-1は、ソロ演奏に適した「リード」や「オルガン」、コードを演奏する際に効果的な「パッド」や「ストリングス」など、11の音色タイプを搭載している。
それぞれのタイプには11種類のバリエーションが用意され、内蔵音色は合計121種類!好みの音色を選ぶだけですぐに演奏することができるのだ。

また、すべての音色が和音の演奏に対応しており、コードを弾いて重厚なシンセ・サウンドを奏でることができる。
音色の調整はパネル上のツマミを回して直感的に行えるため、シンセサイザーの音づくりに関する専門知識を必要とせず、簡単に演奏できるスグレモノだ。

画像2: www.boss.info
www.boss.info

ベースの入力にも対応

シンセ音とギター/ベース音を重ねて演奏可能

ベースの入力にも対応。モードスイッチを切り替えるだけで内部プログラムをベースに最適化し、太く激しいシンセ・ベースの音色も手軽に楽しむことが可能。

さらに、本体ペダルを踏み続けると「SY-1」のシンセサイザーの音色を鳴らし続けながら、ギター/ベースの音色を重ねて演奏することができる。

シンセサイザーとギター/ベースの音量バランスはパネル上のツマミで簡単に調整できる。
また、センド/リターン端子に接続したエフェクターで作りこんだギター/ベースの音色を、「SY-1」のシンセ・サウンドとミックスさせて出力することも可能なのだ。

「SY-1」をペダルボードに組み込めば、ギター/ベース演奏の表現力が格段に高まる。

画像: BOSS SY-1 Synthesizer featuring Thomas McRocklin youtu.be

BOSS SY-1 Synthesizer featuring Thomas McRocklin

youtu.be

ボス(BOSS)
シンセサイザー「SY-1」
2019年9月14日発売予定

ギター/ベースの表現性を格段に広げる「SY-1」の多彩なサウンド

「SY-1」には、重厚なシンセ・サウンドから、曲にアクセントを加えるインパクトの強いサウンドまで、11タイプの音色群を搭載。各タイプに11種類のバリエーションを備え、合計121種類のシンセ・サウンドでギターやベースを演奏することができる。

「SY-1」の音色タイプ

タイプとバリエーションを選ぶだけでさまざまなシンセ・サウンドを楽しめる

  • LEAD 1, 2▶ソロ演奏に適したシンセ・サウンド
  • PAD▶複数の音を重ねたサウンドやシンセ・ブラスなど、コード演奏に適したサウンド
  • BASS▶フィルター処理による特徴的な音から重低音の効いた音まで得られるシンセ・ベース
  • STR▶分厚く重なった音色や広がり感のある音色などのストリングス・サウンド
  • ORGAN▶ロータリー・スピーカーの回転効果を含む幅広いスタイルのオルガン・サウンド
  • BELL▶パーカッシブで金属的な響きのシンセ・サウンド
  • SFX 1, 2▶インパクトのあるワンショット・サウンドや時間経過とともに変化するフィルター・ボイスなど
  • SEQ 1, 2▶リズミカルにピッチやフィルターの変化を伴うシンセ・サウンド
画像: タイプとバリエーションを選ぶだけでさまざまなシンセ・サウンドを楽しめる

【参考】ボス公式ページ

This article is a sponsored article by
''.